コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

智塔里遺跡 ちとうりいせき Chit'ap-ri

2件 の用語解説(智塔里遺跡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

智塔里遺跡
ちとうりいせき
Chit'ap-ri

北朝鮮黄海北道鳳山郡智塔里にある有文土器時代の代表的遺跡。 1957年に調査された。第1地区と第2地区に分れ,両地区から発見された土器の間に若干の相違が認められる。第1地区では方形の竪穴住居址1棟,第2地区では2棟の竪穴住居址が発見された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ちとうりいせき【智塔里遺跡 Chit‘amni‐yujŏk】

朝鮮民主主義人民共和国,黄海北道鳳山郡智塔里にあり,主として櫛目文土器(新石器)時代から原三国時代にわたる遺跡。瑞興川右岸の沖積地にあって,そこに残る古唐城もしくは唐土城を帯方郡治跡とする説が早くからあった。この土城は現在,智塔里土城と呼ばれているが,1954年にその付近に原始の遺物が散布することが知られ,57年に発掘調査された。土城内の第I地区では,櫛目文土器時代の平面方形の竪穴式住居跡1基が検出され,そこから櫛目文土器や各種の石器が出土している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

智塔里遺跡の関連キーワード北朝鮮黄海北道朝鮮半島朝鮮民主主義人民共和国脱北北韓南朝鮮拉北者義州朝鮮民主主義人民共和国科学院

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone