智塔里遺跡(読み)ちとうりいせき(英語表記)Chit'ap-ri

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

智塔里遺跡
ちとうりいせき
Chit'ap-ri

北朝鮮黄海北道鳳山郡智塔里にある有文土器時代の代表的遺跡。 1957年に調査された。第1地区と第2地区に分れ,両地区から発見された土器の間に若干の相違が認められる。第1地区では方形の竪穴住居址1棟,第2地区では2棟の竪穴住居址が発見された。第2地区第2号住居址からは炭化した穀粒が発見され,また多数の農具と思われる石器 (石鋤,石鍬,石鎌) が出土しているので,有文土器のある時期には畑作農業が行われていたと考えられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちとうりいせき【智塔里遺跡 Chit‘amni‐yujŏk】

朝鮮民主主義人民共和国,黄海北道鳳山郡智塔里にあり,主として櫛目文土器(新石器)時代から原三国時代にわたる遺跡。瑞興川右岸の沖積地にあって,そこに残る古唐城もしくは唐土城を帯方郡治跡とする説が早くからあった。この土城は現在,智塔里土城と呼ばれているが,1954年にその付近に原始の遺物が散布することが知られ,57年に発掘調査された。土城内の第I地区では,櫛目文土器時代の平面方形の竪穴式住居跡1基が検出され,そこから櫛目文土器や各種の石器が出土している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android