コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曽我廼家五郎 ソガノヤゴロウ

デジタル大辞泉の解説

そがのや‐ごろう〔‐ゴラウ〕【曽我廼家五郎】

[1877~1948]喜劇俳優・作者。大阪の生まれ。本名、和田久一。明治37年(1904)曽我廼家十郎とともに劇団曽我廼家を結成、大阪の個性を強く身につけた俳優兼作家として活躍。のちに十郎と分かれ、「五郎劇」と称した。また、一堺漁人(いっかいぎょじん)の筆名で、多数の喜劇脚本を書いた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

曽我廼家五郎
そがのやごろう
(1877―1948)

喜劇俳優。本名和田久一。大阪の堺(さかい)に生まれる。最初、歌舞伎(かぶき)の中村珊瑚郎(さんごろう)の一座に入り珊之助と称したが、のち大阪俄(にわか)に接して「笑わせる芝居」の創立を発起、同部屋の中村時代(ときよ)(後の十郎)を誘い、種々失敗ののち1904年(明治37)大阪・浪花座(なにわざ)で曽我廼家一座を旗揚げし、大正から昭和へかけて日本の喜劇王として君臨した。脂っこい芸風を特徴とし、脚本・主演を兼ねた「五郎劇」は、笑いのなかに低俗な教訓しかないといわれながらも、既成の歌舞伎や新派に伍(ご)して「喜劇」という一つのジャンルを開拓した功績は大きい。一堺漁人(いっかいぎょじん)筆名による脚本は1000種を超える。[向井爽也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

曽我廼家五郎の関連キーワード曽我廼家・曾我廼家曽我廼家 五郎八曽我廼家 五九郎曽我廼家 五郎曽我廼家 蝶六曽我廼家 明蝶新生松竹新喜劇曽我廼家 十吾八木 五文楽里木 佐甫良中村 珊瑚郎芝田 総二曽我廼家劇

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android