コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曽我廼家五郎 ソガノヤゴロウ

2件 の用語解説(曽我廼家五郎の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

そがのや‐ごろう〔‐ゴラウ〕【曽我廼家五郎】

[1877~1948]喜劇俳優・作者。大阪の生まれ。本名、和田久一。明治37年(1904)曽我廼家十郎とともに劇団曽我廼家を結成、大阪の個性を強く身につけた俳優兼作家として活躍。のちに十郎と分かれ、「五郎劇」と称した。また、一堺漁人(いっかいぎょじん)の筆名で、多数の喜劇脚本を書いた。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

曽我廼家五郎
そがのやごろう
(1877―1948)

喜劇俳優。本名和田久一。大阪の堺(さかい)に生まれる。最初、歌舞伎(かぶき)の中村珊瑚郎(さんごろう)の一座に入り珊之助と称したが、のち大阪俄(にわか)に接して「笑わせる芝居」の創立を発起、同部屋の中村時代(ときよ)(後の十郎)を誘い、種々失敗ののち1904年(明治37)大阪・浪花座(なにわざ)で曽我廼家一座を旗揚げし、大正から昭和へかけて日本の喜劇王として君臨した。脂っこい芸風を特徴とし、脚本・主演を兼ねた「五郎劇」は、笑いのなかに低俗な教訓しかないといわれながらも、既成の歌舞伎や新派に伍(ご)して「喜劇」という一つのジャンルを開拓した功績は大きい。一堺漁人(いっかいぎょじん)筆名による脚本は1000種を超える。[向井爽也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

曽我廼家五郎の関連キーワード北朝鮮戦争文学小学生新聞小説イタリア映画韓国済州島事件中東戦争菊池大麓杵屋六左衛門

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone