コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曽我廼家五郎 ソガノヤゴロウ

2件 の用語解説(曽我廼家五郎の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

そがのや‐ごろう〔‐ゴラウ〕【曽我廼家五郎】

[1877~1948]喜劇俳優・作者。大阪の生まれ。本名、和田久一。明治37年(1904)曽我廼家十郎とともに劇団曽我廼家を結成、大阪の個性を強く身につけた俳優兼作家として活躍。のちに十郎と分かれ、「五郎劇」と称した。また、一堺漁人(いっかいぎょじん)の筆名で、多数の喜劇脚本を書いた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

曽我廼家五郎
そがのやごろう
(1877―1948)

喜劇俳優。本名和田久一。大阪の堺(さかい)に生まれる。最初、歌舞伎(かぶき)の中村珊瑚郎(さんごろう)の一座に入り珊之助と称したが、のち大阪俄(にわか)に接して「笑わせる芝居」の創立を発起、同部屋の中村時代(ときよ)(後の十郎)を誘い、種々失敗ののち1904年(明治37)大阪・浪花座(なにわざ)で曽我廼家一座を旗揚げし、大正から昭和へかけて日本の喜劇王として君臨した。脂っこい芸風を特徴とし、脚本・主演を兼ねた「五郎劇」は、笑いのなかに低俗な教訓しかないといわれながらも、既成の歌舞伎や新派に伍(ご)して「喜劇」という一つのジャンルを開拓した功績は大きい。一堺漁人(いっかいぎょじん)筆名による脚本は1000種を超える。[向井爽也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

曽我廼家五郎の関連キーワード榎本健一狂言作者曾我廼家五郎藤山寛美横山エンタツ花菱アチャココメディアン渋谷天外大宮敏充清水金一

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone