コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粗悪 ソアク

デジタル大辞泉の解説

そ‐あく【粗悪】

[名・形動]粗末で質が悪いこと。また、そのさま。「粗悪な品」
[派生]そあくさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そあく【粗悪】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
品質や出来が悪い・こと(さま)。 「 -な品物」
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

粗悪の関連キーワード粕取り・糟取り選りに選ってかす(粕)取選り分ける魚蝋・魚蠟粕取り焼酎口車に乗る粗品・麁品掴ませる粗製濫造蓮の葉物銀潰し蒙古羊鬼殺しころ銭浅草紙今出来粕取り奈良刀馬糞紙

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

粗悪の関連情報