御仕舞(読み)おしまい

精選版 日本国語大辞典「御仕舞」の解説

お‐しまい ‥しまひ【御仕舞】

〘名〙 (「お」は接頭語)
① やめにすること。おえること。おわってしまうこと。終わり。最後。
浄瑠璃・鑓の権三重帷子(1717)上「せめ馬の鞍も鐙も汗に成、のりとどむれば、小者馬取、『もうお仕廻か』と走りよる」
② 商家などで、その年の収支決算を済ませて、正月の支度をすること。
※虎明本狂言・米市(室町末‐近世初)「『中々もはや正月と云も、あすの事じゃ』『申迄も御ざらねども、お仕廻は成まらせう』」
③ 物事がだめになること。望みや救いがなくなること。
※春潮(1903)〈田山花袋〉一「かう為ってはもう恋も了ひだ」
④ お化粧をいう女性語。身じまい。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)二「おや、お前もうお仕舞(シマヒ)が出来たネ」
⑤ 江戸時代、品川の遊郭で、客が遊女を揚げる約束ができたこと。
※洒落本・古契三娼(1787)「そしてたれ様御仕廻(シマイ)誰と、下(した)へその女郎の名を書てかげみせへはりやす。それを仕廻札といいやす」
⑥ 夕方から夜にかけての挨拶の言葉。「おしまいか」「おしまいです」などの形で用いられる。
※浄瑠璃・女殺油地獄(1721)下「『お吉様お仕廻か』とおとづるる女房お沢が声」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「御仕舞」の解説

お‐しまい〔‐しまひ〕【御仕舞(い)】

仕舞い」の美化語。
終わること。「夏休みも今日でお仕舞いだ」
物事がだめになること。また、非常に悪い状態になること。「店が人手に渡ってはもうお仕舞いだ」
仕舞い7」に同じ。→仕舞い
「―に手間の取れまするが無理は無い筈」〈露伴五重塔
[類語](1終わり完了完結終了終結終焉しゅうえん終末果てし幕切れ閉幕打ち止めちょんかんりょうジエンド終わりを告げる終止符を打つピリオドを打つちょんになる/(2駄目おじゃん台無しふい無駄空中分解挫折くたびれもうけわやパンクぼつ余計余分蛇足だそく不必要不要不用無用無益あだいたずら徒労不毛無駄足無駄骨無駄骨折り骨折り損不経済二度手間無くもがなあらずもがな無にする無になる無に帰する水泡に帰する水の泡極悪最低最悪ワースト劣悪粗悪低劣不可絶望的不合格失格なってないどうしようもない処置無しはしにも棒にも掛からない

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android