コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有徳銭 うとくせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

有徳銭
うとくせん

鎌倉,室町時代,経済的な富裕者 (有徳者という) に課された税金。特に荘園支配が崩壊しつつあった室町時代に幕府大名寺社などの大きな財源となった。最初,臨時課税であったが次第に恒常化した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

うとく‐せん【有徳銭】

室町時代、幕府・大名・寺院などが諸費用を調達するために、領内の富裕な人々に課した臨時の税金。徳銭

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

有徳銭【うとくせん】

鎌倉時代以後,特に室町時代,幕府や畿内の大社寺,守護大名が,都市の土倉(どそう)・酒屋,荘園内の富裕者に課した臨時税。なお富裕者を有徳人といった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

うとくせん【有徳銭】

有得銭とも書く。あるいは徳銭,徳役,有福ともいう。中世では徳=得であり,有徳人とは富裕な人をいった。その有徳人に賦課した臨時税が,有徳銭である。当初は臨時の借米であったが,のちには課税となり,だんだん恒常的な性格をもってきた。早い例として,鎌倉末期,1304年(嘉元2)東大寺が伊賀国黒田荘に課した有得借米や14年(正和3)やはり同荘に課した有得御幸銭を見ることができる。94年(応永1)将軍足利義満の日吉社参詣に際し,比叡山延暦寺が坂本の富裕の輩に,借用の形で,1200貫を徴したのも,有徳銭といえよう。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

うとくせん【有徳銭】

室町時代、幕府・守護・寺社などが富裕な人々から徴収した一種の税金。徳銭。有徳。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

有徳銭の関連キーワード新田義貞一種年貢

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android