コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有福[温泉] ありふく

百科事典マイペディアの解説

有福[温泉]【ありふく】

島根県江津(ごうつ)市西部にあり,古くからの湯治場であった石見(いわみ)地方の代表的な温泉。7世紀に法道仙人が発見したと伝え,17世紀には湯屋役が課されていた。
→関連項目江津[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ありふく【有福[温泉]】

島根県江津(ごうつ)市南西部にある温泉。敬(うや)川支流の谷あいにあり,三方を山に囲まれ,旅館が川をはさんでひな壇状に並び〈山陰の伊香保〉の名がある。泉温30~47℃の無色透明の単純泉で,御前湯,桜湯,早月(さつき)湯,弥生湯の古くからのものが知られる。原爆被爆者のための研究施設もある。付近には,神代イチョウの巨木(周囲約8m,高さ約27m)があり,建武年間(1334‐38)創立の福泉寺も有名。【池田 善昭】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

有福[温泉]の関連情報