コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有限責任・無限責任 ゆうげんせきにんむげんせきにん

世界大百科事典 第2版の解説

ゆうげんせきにんむげんせきにん【有限責任・無限責任】

債務者の全財産が債務の引当て(担保)となっている場合を無限責任,債務の引当てとなるものが,債務者の財産中のある物または一定額に限られる場合を有限責任という。債務者の責任は無限責任が原則であり,有限責任はとくに法律が認めた場合に限られている。後者には次の2種がある。(1)物的有限責任 責任が債務者の財産中の特定のものに限定される場合をいい,債務者が特定物のみをもって責任を負う場合(例えば,商法607条,質屋営業法20条2項等)と特定財産のみをもって責任を負う場合(例えば,民法922条,信託法19条等)とがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android