コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝見 チョウケン

デジタル大辞泉の解説

ちょう‐けん〔テウ‐〕【朝見】

[名](スル)
臣下が朝廷に参内(さんだい)して天子に拝謁すること。
天皇・皇后・太皇太后・皇太后に拝謁すること。「朝見の儀」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょうけん【朝見】

( 名 ) スル
臣下が参内して、天子に拝謁すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

朝見の関連キーワード魏志倭人伝(読み下し)日本国見在書目録八幡朝見神社三輪山伝説別府(市)松阪(市)小人の贈物観海寺温泉書斎の死体朝見 香城鳥潟 恒吉松山(市)鳥潟恒吉太皇太后朝見朱伽石垣原花の顔柴漬く松阪市別府市

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

朝見の関連情報