朝見(読み)チョウケン

デジタル大辞泉の解説

ちょう‐けん〔テウ‐〕【朝見】

[名](スル)
臣下が朝廷に参内(さんだい)して天子に拝謁すること。
天皇・皇后・太皇太后・皇太后に拝謁すること。「朝見

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ちょう‐けん テウ‥【朝見】

〘名〙
① 臣下が宮中へ行って天子に会うこと。天子に拝謁すること。
※参天台五台山記(1072‐73)四「応毎有海外進奉、蛮子蕃客等朝見。具箚子与朝見目。問奏進奉人姓名已下」 〔史記‐秦二世皇帝本紀〕
② 儀式として、天皇・皇后・太皇太后・皇太后に拝謁すること。天皇の践祚後、皇族男子の婚儀後、皇族女子の臣籍降嫁前などに行なわれる。
※皇室親族令(明治四三年)(1910)二四条「皇太子・皇太孫・親王・王結婚の礼訖りたるときは、妃と共に天皇・皇后・太皇太后・皇太后に朝見す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報