コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

目通り めどおり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

目通り
めどおり

立っている人間の目の高さの位置で,立ち木の周囲長をはかり直径を割出す方法。日本で昔から用いられてきたもので,地方によって地上 1.52m (5尺) と 1.82m (6尺) の位置の違いがある。現在では日本も外国と同様,胸高直径の測定が用いられ,平地にあっては任意の1方向をはかり,傾斜地では傾斜の上方で木が地面と交わる点を地点とし,これから 1.2mを胸高とするのが一般的である。アメリカ,カナダは 1.37m (4フィート6インチ) ,ヨーロッパは 1.3m,イギリスは 1.29m (4フィート3インチ) を胸高と定めている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

め‐どおり〔‐どほり〕【目通り】

身分の高い人にお目にかかること。拝謁。「目通りがかなう」→御目通(おめどお)り
目の前。面前。
「庭籠鳥を―へ放ちける」〈浮・男色大鑑・三〉
目の高さ。
「―より高く手をあげさせず」〈浮・二十不孝・三〉
目通り直径」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

めどおり【目通り】

貴人の前に出ること。拝謁。 「 -が叶かなう」
目の前。 「肖像画を悉く-より遠ざけて/肖像画 四迷
目の高さ。 「 -より高く手をあげさせず/浮世草子・二十不孝 3
目の高さで測った立木の太さ。直径で表す。 「 -一メートルのエノキ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

目通りの関連キーワードタイムズ・スクエアグリニジ・ビレッジ大喜利(おおぎり)標準反射率荒川良々ハーレム御目通り御目見ハレムエノキ肖像画奥勤め御通り坩満寺幹囲足半鼇頭通り

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

目通りの関連情報