木俣修(読み)きまた おさむ

百科事典マイペディアの解説

木俣修【きまたおさむ】

歌人,国文学者。滋賀県生れ。本名修二。東京高師卒。在学中から北原白秋が顧問をしていた《香蘭》に参加。白秋主宰の歌誌多磨》に参加し,白秋死後はその編集に携わる。さらに同誌廃刊後は白秋の歌風をつぐ《形成》を主宰するなど白秋門下生としての道をあゆんだ。同時に,近代短歌史の研究に尽力し,1967年文学博士。宮城師範,富山高校,昭和女子大,実践女子大の教授を歴任した。《木俣修全歌集》(1985年)のほか,近代短歌史に関する多くの著作がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木俣修 きまた-おさむ

1906-1983 昭和時代の歌人,国文学者。
明治39年7月28日生まれ。北原白秋門下。白秋の死後「多磨」編集にあたる。昭和28年「形成」を創刊主宰。49年「木俣修歌集」で芸術選奨,57年「雪前雪後」で現代短歌大賞,58年芸術院恩賜賞。昭和女子大,実践女子大教授。昭和58年4月4日死去。76歳。滋賀県出身。東京高師卒。本名は修二。著作に「白秋研究」「昭和短歌史」など。
【格言など】罪びとのごとくに坐して妻とふたり秋夜の骨を守らむとする(「落葉の章」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

きまたおさむ【木俣修】

1906‐83(明治39‐昭和58)
歌人,国文学者。本名修二。滋賀県生れ。東京高等師範学校卒。宮城県師範学校,旧制富山高等学校,昭和女子大学実践女子大学の教授を歴任。小学校のころから《赤い鳥》に自由詩自由画などを投書。1928年北原白秋を訪ねてその門に入る。35年《多磨》の創刊に参画,白秋没後は上京してその編集に当たった。戦後,《短歌雑誌 八雲》の顧問として第二芸術論に正面からとりくみ,短歌を今日の文学とすべく努めた。53年には人間主義的な立場にたつ歌誌《形成》を創刊して主宰。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きまたおさむ【木俣修】

1906~1983) 歌人。滋賀県生まれ。本名、修二。東京高師卒。北原白秋に師事、幽玄的な歌風から人間主義的な抒情味を深めた。歌集「高志」「冬暦」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

木俣修
きまたおさむ

[生]1906.7.28. 滋賀,愛知川
[没]1983.4.4. 東京
歌人。本名,修二。 1931年東京高等師範学校卒業。北原白秋門の新進として「近代の幽玄体」運動を推進。男性的歌風に特色がある。白秋遺著の整理,近代短歌史の研究に尽力。代表歌集『高志 (こし) 』 (1942) ,『冬暦』 (48) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

木俣修
きまたおさむ
(1906―1983)

歌人、国文学者。滋賀県生まれ。本名修二。東京高等師範学校文科卒業。宮城師範、旧制富山高等学校を経て、戦後、昭和女子大学、実践女子大学教授となる。文学博士。1928年(昭和3)に北原白秋(はくしゅう)主宰の『香蘭(こうらん)』に入会。『短歌民族』『白秋襍誌(ざっし)』を経て、1935年に『多磨(たま)』の創刊に加わり白秋への傾倒を深める。白秋の死後、1943年より『多磨』の編集と白秋の遺稿整理にあたる。白秋没後10年の1952年に『多磨』を解散、1953年に『形成』を創刊、主宰する。生来の浪漫(ろうまん)的な詩質と白秋の影響をもとに出発した木俣だが、妻や長男の死、戦後の経験など人生の悲苦を重ねるなかで、人間主義的な志向を強めていく。学者、歌人、生活者として誠実に現実に立ち向かう人間の内面を見つめ、晩年は自在な人生的境地を開く。歌集に『高志(こし)』(1942)、『冬暦』(1948)、『凍天遠慕』(1951)、『呼べば谺(こだま)』(1964)、『去年(こぞ)今年』(1967)など。歌書に『白秋研究』『昭和短歌史』など多数。1959年より歌会始撰者(せんじゃ)。1974年に芸術選奨文部大臣賞、1982年に現代短歌大賞を受賞。[日高堯子]
 起(た)ちても濤(なみ)かがみても濤どうしやうもなくて見てゐる高志(こし)の冬濤
『『木俣修全歌集』(1985・明治書院) ▽吉野昌夫著『評論木俣修作品史』(1973・短歌新聞社) ▽吉野昌夫著『木俣修の秀歌』(1979・短歌新聞社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

きまた‐おさむ【木俣修】

歌人、国文学者。滋賀県出身。本名修二。東京高等師範学校卒。北原白秋に師事し、昭和一〇年(一九三五)「多磨」創刊に参加。同二三年「形成」を創刊主宰。歌集に「高志(こし)」「冬暦(とうれき)」、評論に「昭和短歌史」「大正短歌史」などがある。明治三九~昭和五八年(一九〇六‐八三

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android