コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木屋平[村] こやだいら

世界大百科事典 第2版の解説

こやだいら【木屋平[村]】

徳島県南西部,美馬(みま)郡の村。1973年麻植(おえ)郡から美馬郡に編入。人口1505(1995)。吉野川支流穴吹川の上流域を占める。吉野川流域との交流は,古くから険阻な穴吹川に沿わず,市初(いちはな)~燧ノ窪(ひうちのくぼ)峠~川俣~種野峠~山瀬のルートをとっていた。幾多の伝説を残す阿波山岳武士の本拠地で,中世文書多数を今に伝える。農林業中心で,梅,ユズ,茶,シイタケなどの特産があり,畜産も行われ,弓道には村営アマゴ養殖場がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

木屋平[村]の関連キーワード賄賂罪請託アッタロス[1世]アッタロス1世アッタロス朝アルビヌス津野[町]自然単位系テルトゥリアヌス津野町

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone