コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

穴吹 あなぶき

2件 の用語解説(穴吹の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

穴吹
あなぶき

徳島県中北部,美馬市中部の旧町域。吉野川中流の南岸にある。 1955年穴吹町 (1924年町制) ,口山 (くちやま) 村,古宮 (ふるみや) 村,三島村が合体して穴吹町が発足。 2005年木屋平村,美馬町,町と合体して美馬市となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

穴吹
あなぶき

徳島県北部、美馬(みま)郡にあった旧町名(穴吹町(ちょう))。現在は美馬市の中部を占める地域。吉野川の中流南岸に位置する。旧穴吹町は、1924年(大正13)町制施行。1955年(昭和30)口山(くちやま)、古宮(ふるみや)、三島(みしま)の3村と合併。2005年(平成17)脇(わき)、美馬の2町および木屋平(こやだいら)村と合併して市制施行、美馬市となった。市街地は吉野川と穴吹川の合流点の段丘上に立地し、穴吹川の谷口集落として発達、現在は市役所の所在地となっている。JR徳島線、国道192号、193号、492号が通じ、剣(つるぎ)山への登山口の一つで、登山客は穴吹駅より山麓(さんろく)までバスを利用する。1976年9月、台風17号により穴吹川水系中流域の古宮地区は大被害を受けた。スギ、ヒノキ、マツ材の産出、クリ、シイタケの栽培、ブロイラー飼育を行う。穴吹川の剣峡は紅葉の名所として知られる。[高木秀樹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

穴吹の関連キーワード阿波美馬穴吹〈町〉徳島県美馬市木屋平木屋平〈村〉美馬〈町〉徳島県美馬市美馬町脇〈町〉徳島県美馬市脇町徳島県美馬市脇町猪尻

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

穴吹の関連情報