コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木川田一隆 きかわだかずたか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

木川田一隆
きかわだかずたか

[生]1899.8.23. 福島
[没]1977.3.4. 東京
経営者。 1926年,東京大学卒業。東京電灯に入社。第2次世界大戦後の電力再編成問題で私企業9社分割の松永安左衛門案を推進実現し,61年東京電力社長となった。また 55年経済同友会に入り,60年代表幹事の1人となり,63年単数の代表幹事として財界の理論的指導者となった。企業と社会の調和,企業の社会的責任を説く「新自由主義」の経済理念は,財界の良心と評価された。 66年主要財界人を網羅した産業問題研究会を結成,同年経済審議会会長に就任した。 71年東京電力会長。 74年企業批判にこたえて東電の政治献金をとりやめた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木川田一隆 きかわだ-かずたか

1899-1977 昭和時代の経営者。
明治32年8月23日生まれ。大正15年東京電灯(東京電力の前身)にはいる。昭和26年発足の東京電力取締役営業部長。36年社長,46年会長となり,経営基盤を確立。経済同友会代表幹事,電気事業連合会会長もつとめ,企業の社会的責任と協調的競争を説いた。昭和52年3月4日死去。77歳。福島県出身。東京帝大卒。
【格言など】冷静な頭と温い心(座右銘)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

木川田一隆
きかわだかずたか
(1899―1977)

経営者、財界人。福島県梁川(やながわ)町(現伊達(だて)市)で医家の三男に生まれる。1926年(大正15)東京帝国大学経済学部卒業と同時に東京電燈(でんとう)入社。42年(昭和17)関東配電設立後、同社に転じ秘書課長、労務部長歴任。戦後の46年(昭和21)常務。51年電力再編成で生まれた東京電力で取締役営業部長、61年社長、71年会長、71年相談役に退く。この間、東電の経営基盤を固めるとともに、64年電気事業連合会会長に就任し、業界リーダーとしても活躍し、松永安左ヱ門以後の一時代を築く。また、55年経済同友会入りし、63年一人制の同会代表幹事となり(事実上の会長、75年辞任)、企業と社会の調和を説く「新自由主義」の論客として知られ、財界の一方の理論的リーダーでもあった。[浅野俊光]
『『私の履歴書・経済人 第13巻』(1970・日本経済新聞社) ▽『財界人思想全集 第2巻』(1970・ダイヤモンド社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の木川田一隆の言及

【経済同友会】より

…48年代表幹事制に移行。東京電力社長木川田一隆の代表幹事時代(1960‐75)は,とくにその自由で進歩的な発言が脚光を浴びた。会員数約1000人,関西経済同友会など全国各地に35団体(それぞれが対等)がある(1983年12月末)。…

※「木川田一隆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

木川田一隆の関連キーワード木川田 一隆8月23日湊 守篤平岩外四

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

木川田一隆の関連情報