コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木村健二郎 きむら けんじろう

2件 の用語解説(木村健二郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木村健二郎 きむら-けんじろう

1896-1988 昭和時代の化学者。
明治29年5月12日生まれ。昭和8年東京帝大教授。31年退官後,日本原子力研究所理事,東京女子大学長。戦前から原子核反応による新核種の生成を研究。広島,長崎の原爆投下を降下物の分析から確認し,またビキニ核実験が水爆であることをあきらかにした。20年学士院賞。昭和63年10月12日死去。92歳。青森県出身。東京帝大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

木村健二郎
きむらけんじろう
(1896―1988)

分析化学者、地球化学者。明治29年青森県弘前(ひろさき)市に生まれる。東京帝国大学理学部化学科を卒業。1922年(大正11)に同大学理学部助教授となり分析化学を担当。1925年からデンマークに留学し、ボーアのもとで研究した。1933年(昭和8)東大教授となり、柴田雄次(しばたゆうじ)の後を受けて無機化学講座を担当、希元素の化学的研究を推進した。この間、「本邦産鉱物の分析における分光法の応用」で日本化学会桜井賞を、1945年には「稀元素に関する分析化学的及び地球化学的研究」で日本学士院賞を受賞。第二次世界大戦後、広島および長崎の「死の灰」事件で原爆被害調査の分析面を担当し、また放射性同位元素の応用に関する研究を進めた。東大理学部長、日本化学会会長、日本分析化学会会長などを歴任し、東大名誉教授、1983年より日本学士院幹事を務めた。著書に『無機定性分析』『分析化学実験法』などがある。[後藤忠俊]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

木村健二郎の関連キーワード稲村耕雄井上敏尾形輝太郎金子武夫小泉正夫佐々木申二斯波忠夫武居三吉西田屹二林太郎

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

木村健二郎の関連情報