木村石(読み)きむらいし(英語表記)kimuraite-(Y)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

木村石
きむらいし
kimuraite-(Y)

カルシウム(Ca)とイットリウム(Y)の含水炭酸塩鉱物。1986年(昭和61)長島弘三(こうぞう)(1925―1985)らにより佐賀県肥前(ひぜん)町切木(きりご)(現、唐津(からつ)市肥前町切木)のアルカリ橄欖(かんらん)石玄武岩の空隙(くうげき)中から発見された新鉱物。アルカリ玄武岩中に産する希土類元素の鉱物はほかに例がない。その後周辺地域をはじめ、福島県川俣(かわまた)町を含む世界各所の花崗(かこう)岩質ペグマタイト中で二次鉱物としての産出が確認された。原記載者らは同類の希土類の含水炭酸塩鉱物との間の結晶学的類縁性も明らかにした。自形は板状になるが輪郭は明らかでない。空隙中の共存鉱物にネオジムランタン石lanthanite-(Nd)((Nd,La)2[CO3]・8H2O)、ロッカ石などがある。命名は日本の希土類元素鉱物研究の先駆者で分析化学者の木村健二郎にちなむ。[加藤 昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android