コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木理 もくりgrain; woody texture

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

木理
もくり
grain; woody texture

木目 (もくめ) ともいう。繊維,道管,髄線,年輪など木材組織によって木材断面にできる美しい模様。年輪が樹幹に対して平行に走っているものを通直,波形を描いているものを波状木理,樹幹に対して螺旋状になっているものを旋回木理などという。その樹木のおかれた立地条件,あるいは材の採取法,位置などによって,さまざまな変化をみせる。格別に模様がおもしろく美しいものは杢目 (もくめ。 figured grain) または紋理といって珍重されている。 (→柾目 )  

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

もくり【木理】

もくめ。木目きめ

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

木理
もくり

木材を構成する軸方向の細胞(道管、仮道管、木部繊維など)がどのように配列しているかを表す用語で、一般には木目(もくめ)ともよばれる。
 木理は、大きくは木理が樹幹と平行となる通直木理と、そうでない交走木理とに分けられる。通直木理の場合は材木を縦に割りやすく、加工もしやすいが、交走木理の場合は製材しにくく、仕上がりも悪く破損しやすいことがある。交走木理には、木理が樹幹に対して螺旋(らせん)状となる螺旋木理、螺旋の方向が変化する交錯木理、波状に変化する波状木理などがある。これらは樹種によって出現が限られる傾向にあるが、同一種でも個体によって出たり出なかったりする。こうした交走木理や、根際(ねぎわ)、こぶなどによって木理が異常になった場合、製材すると美しい紋様になる場合がある。これをとくに杢(もく)とよび、美術工芸的な価値が高いとされる。おもなものにケヤキ・ヤチダモなどの玉(ぎょく)杢・牡丹(ぼたん)杢、ヤクスギの鶉(うずら)杢、カエデ類の鳥眼(ちょうがん)杢、ラワン類のリボン杢などがある。[鈴木三男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の木理の言及

【木材】より

…それぞれの面で細胞の配列状態が違うので外観も異なってくる。一般にこのような年輪,道管,放射組織など,木材を構成する組織の配列や大小などに基づく材面の状態を木理あるいは木目と呼んでいる。木目というときは,とくに年輪を意識していることが多い。…

※「木理」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

木理の関連キーワード俚・利・吏・履・理・痢・罹・裏・詈・里・離ホーンテッド・キャンパスサンゴジュ(珊瑚樹)マヘシュ ブパシカヤ(イチイ科)ケヤキ(欅)鈴木 鴻一郎ふみ子の海スプルース鈴木鴻一郎植木紀世彦高木 貞治サイプレス芳志戸幹雄木目・肌理黒田辰秋ミズナラ対木理恵シベリアシナノキ

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

木理の関連情報