コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木目込人形 きめこみにんぎょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

木目込人形
きめこみにんぎょう

鑑賞用の人形。加茂人形加茂川人形ともいう。木彫の人形の上に各種の裂(きれ)地をはり付けたもの。裂地の端はあらかじめ素地に彫っておいた溝の中に押し込んで(木目込む)処理する。江戸時代中期,元文年間(1736~41)頃に,京都の賀茂別雷神社雑掌をしていた高橋忠重という人物が初めてつくったと伝えられ,その孫の名人,2代目大八郎の作が最高といわれる。貴賤老若の人物から,サルなどの動物にいたるまで,題材の幅がきわめて広い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

木目込人形
きめこみにんぎょう

木彫りの人形に刻み目をつけ、それに錦(にしき)、綾(あや)、縮緬(ちりめん)などの裂(きれ)の端を挟み込んで貼(は)り、衣装にみせたもの。極込人形とも書く。製作技法は平安時代にあったらしいが、江戸時代の1739年(元文4)京都・賀茂(かも)神社の雑掌高橋忠重(ただしげ)がヤナギの木で祭器の柳筥(やなぎばこ)などをつくり、その余材で彫った人形に古い衣装の裂を貼ったのが始まりという。賀茂人形、賀茂川人形、柳人形ともいった。新しい技法の人形として宝暦(ほうれき)年間(1751~64)ころに声価を高め、忠重は神職を辞して人形作りに専念した。これが代々の家業となり、ことに3代目大八郎は技に優れ、文政(ぶんせい)~嘉永(かえい)年間(1818~54)にかけて数多くの名作をつくり、大八人形の名で流行した。素材の関係から10センチメートル以下の作品がほとんどで、能狂言、公家(くげ)風俗、七福神、童児物などから取題したものが多い。衣装に崩れがこなくて、全体に丸みがあってかわいらしい特徴をもつ。第二次世界大戦後は木目込雛(びな)の名で、ガラスケース入りの雛人形セットが現れ、また型抜きの練り物製が量産されるようになった。なお、この技法は芸術人形の創作にも応用されている。[斎藤良輔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

木目込人形の関連キーワード金林 真多呂(1代目)江戸木目込人形榛名の木目込極込人形京人形東京都埼玉県

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

木目込人形の関連情報