コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木目込人形 きめこみにんぎょう

2件 の用語解説(木目込人形の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

木目込人形
きめこみにんぎょう

鑑賞用の人形。加茂人形加茂川人形ともいう。木彫の人形の上に各種の裂(きれ)地をはり付けたもの。裂地の端はあらかじめ素地に彫っておいた溝の中に押し込んで(木目込む)処理する。江戸時代中期,元文年間(1736~41)頃に,京都の賀茂別雷神社雑掌をしていた高橋忠重という人物が初めてつくったと伝えられ,その孫の名人,2代目大八郎の作が最高といわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

木目込人形
きめこみにんぎょう

木彫りの人形に刻み目をつけ、それに錦(にしき)、綾(あや)、縮緬(ちりめん)などの裂(きれ)の端を挟み込んで貼(は)り、衣装にみせたもの。極込人形とも書く。製作技法は平安時代にあったらしいが、江戸時代の1739年(元文4)京都・賀茂(かも)神社の雑掌高橋忠重(ただしげ)がヤナギの木で祭器の柳筥(やなぎばこ)などをつくり、その余材で彫った人形に古い衣装の裂を貼ったのが始まりという。賀茂人形、賀茂川人形、柳人形ともいった。新しい技法の人形として宝暦(ほうれき)年間(1751~64)ころに声価を高め、忠重は神職を辞して人形作りに専念した。これが代々の家業となり、ことに3代目大八郎は技に優れ、文政(ぶんせい)~嘉永(かえい)年間(1818~54)にかけて数多くの名作をつくり、大八人形の名で流行した。素材の関係から10センチメートル以下の作品がほとんどで、能狂言、公家(くげ)風俗、七福神、童児物などから取題したものが多い。衣装に崩れがこなくて、全体に丸みがあってかわいらしい特徴をもつ。第二次世界大戦後は木目込雛(びな)の名で、ガラスケース入りの雛人形セットが現れ、また型抜きの練り物製が量産されるようになった。なお、この技法は芸術人形の創作にも応用されている。[斎藤良輔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

木目込人形の関連キーワード生き人形今戸人形女形人形瓦人形木目込み人形鴻巣人形土人形賀茂川人形極込人形∥木目込人形賀茂人形

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

木目込人形の関連情報