コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本朝水滸伝 ほんちょうすいこでん

5件 の用語解説(本朝水滸伝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

本朝水滸伝
ほんちょうすいこでん

江戸時代中期の読本。別称『吉野物語』。建部綾足 (たけべあやたり) 作。前編は 10巻9冊,安永2 (1773) 年刊。後編は 15巻 15冊,写本だけで未刊。中国の『水滸伝』の翻案で,時代を奈良時代末期にとり,道鏡,恵美押勝和気清麻呂らの人物を登場させ,また『万葉集』などにみえる吉野柘枝 (つみのえ) の伝説をからませている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ほんちょうすいこでん〔ホンテウスイコデン〕【本朝水滸伝】

読本(よみほん)。前編10巻・後編15巻。建部綾足(たけべあやたり)作。前編は安永2年(1773)刊、後編は写本で伝わる。中国小説「水滸伝」を翻案した初期読本の代表作の一。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ほんちょうすいこでん【本朝水滸伝】

読本。別名《芳野物語》建部綾足作。1773年(安永2)前編10巻刊。後編15巻は写本で伝わるが,完結編はない。中国小説《水滸伝》にヒントを得て,日本の古代史に材をとり,道鏡が権力を握った古代天皇政権に対して,廃太子道祖王,恵美押勝,橘奈良麻呂大伴家持らはそれぞれ地方辺境に亡命し,やがて地方豪族白猪老王,浅香王,異族蝦夷王カムイボンデントビカラと連帯して,辺境から天皇中央政権を包囲しつつじわじわと蜂起を準備してゆくという,きわめて独自な内容の物語である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ほんちょうすいこでん【本朝水滸伝】

読本。前編一〇巻、後編一五巻。建部綾足作。前編1773年刊、後編は草稿の写本が伝わる。「水滸伝」を翻案して、舞台を日本の奈良時代に置きかえたもの。のちの読本に多大な影響を与えた。芳野物語。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

本朝水滸伝
ほんちょうすいこでん

江戸後期の読本(よみほん)。建部綾足(たけべあやたり)作。前編10巻9冊、後編15巻15冊。前編は1773年(安永2)京都井上忠兵衛等刊。後編は写本で伝わる。吉野の味稲翁(うましねのおきな)は仙女の与えた柘(つみ)の枝を百に折って吉野川へ流した。これらがのちに恵美押勝(えみのおしかつ)、和気清麿(わけのきよまろ)、巨勢金丸(こせのかなまろ)・金石(かないわ)、大伴家持(おおとものやかもち)らとなって、僧道鏡(どうきょう)の専横に抗して立ち上がる。初めて書名に『水滸伝』の名をつけ、本邦の「水滸もの」流行に先鞭(せんべん)をつけたが、実際はさほど『水滸伝』を踏まえていない。ただ、登場人物は多く、舞台が広くて、雄大な構想をもっている点が、曲亭馬琴(ばきん)に評価された(『本朝水滸伝を読む并(ならび)に批評』)。文体は擬古文を用い、作者の国学の教養を反映させ、当代の風俗も取り込んでいるが、未完に終わった。[徳田 武]
『『雅文小説集』(有朋堂文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の本朝水滸伝の言及

【水滸伝物】より

…この漢学系統の享受とは別に,大陸渡来の漢文体を日本の古典語に接合しようとする動きもあった。1773年(安永2)には,後年曲亭馬琴が《近世物之本江戸作者部類》で,〈其おもむき水滸伝を模擬したれども,水滸の古轍を踏ずして,別に一趣向を建たるは,当時の作者の及ばざる所也,実に今のよみ本の嚆矢也〉と高く評価した,建部綾足の読本《本朝水滸伝》の前編が刊行されている。伊吹山を梁山伯,恵美押勝を宋江,道鏡を高俅に擬して,奈良朝末の朝廷をめぐる陰謀反乱を描いたもので,未完に終わったが,後編付載の目録によれば,100回本《水滸伝》にならい100条まで書きつぐ予定であったらしい。…

※「本朝水滸伝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

本朝水滸伝の関連キーワード読本遠野物語西山物語エンドゲーム/常野物語蒲公英草紙/常野物語光の帝国/常野物語片歌道守喜多村寒葉斎建部涼袋《芳野物語》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone