コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杉久保遺跡 すぎくぼいせき

2件 の用語解説(杉久保遺跡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

杉久保遺跡
すぎくぼいせき

長野県上水内郡信濃町野尻湖底に所在する旧石器文化の遺跡。 1953年,芹沢長介らによって発掘され,柳葉形のナイフ形石器が杉久保型と命名されるとともに,すぐれた石刃技法を基調とした石刃,神山型彫器との組成が明らかにされた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

すぎくぼいせき【杉久保遺跡】

長野県上水内郡信濃町野尻湖底にある先土器時代遺跡。古くから石器や象化石などが地元で採集されていたが,学界に紹介されたのは岩宿遺跡発掘後の1953年で,その時この遺跡出土のナイフ形石器に対して,杉久保型ナイフ形石器という名称が与えられた。62年以後は冬の減水期に,地質・古生物・植物・人類・考古学などの広い分野の総合調査が,多数の市民も参加して継続されるようになり,人類文化だけでなく洪積世動植物自然環境を復元するのに貴重な多くの資料が得られている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone