杉久保遺跡(読み)すぎくぼいせき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

杉久保遺跡
すぎくぼいせき

長野県上水内郡信濃町野尻湖底に所在する旧石器文化の遺跡。 1953年,芹沢長介らによって発掘され,柳葉形のナイフ形石器が杉久保型と命名されるとともに,すぐれた石刃技法を基調とした石刃,神山型彫器との組成が明らかにされた。その後 62~66年の発掘調査で,A,B,C,Dの4地点が区別された。この石器群に代表される文化は,信濃川以北の日本海側に中心をもつと推定されるが,北海道にはみられない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

すぎくぼいせき【杉久保遺跡】

長野県上水内郡信濃町野尻湖底にある先土器時代遺跡。古くから石器や象化石などが地元で採集されていたが,学界に紹介されたのは岩宿遺跡発掘後の1953年で,その時この遺跡出土のナイフ形石器に対して,杉久保型ナイフ形石器という名称が与えられた。62年以後は冬の減水期に,地質古生物・植物・人類・考古学などの広い分野の総合調査が,多数の市民も参加して継続されるようになり,人類文化だけでなく洪積世動植物や自然環境を復元するのに貴重な多くの資料が得られている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android