コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杉浦康平 すぎうらこうへい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

杉浦康平
すぎうらこうへい

[生]1932.9.8. 東京
グラフィック・デザイナー。 1955年東京芸術大学建築科卒業,フリーランサーとして活動を始めた。同年8月,線図形と日本文字のデザインを組合せたレコード・ジャケットで第6回日宣美賞を受賞。以後も印刷文字とレイアウトについて新しい試みを行う。 62年毎日デザイン賞,71年講談社出版文化賞を受賞。 64,66年,ドイツのウルム造形大学の客員教授をつとめた。著書『乱視的世界像』ほか。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

杉浦康平【すぎうらこうへい】

グラフィック・デザイナー。東京生れ。東京芸大卒。特に装幀・造本,タイポグラフィーの分野で視覚言語の文法を探る実験を繰り返し,革新的な作品を生み出してきた。1960年代から1970年代にかけての東京画廊のカタログ,1970年代の雑誌《エピステーメー》や《遊》,視覚的ノイズを大胆にタイポグラフィーに導入した《人間人形時代》(稲垣足穂著,1975年)や《全宇宙誌》(1979年),そして《時間軸変形地球儀》などのダイヤグラム等々,代表作は数多い。
→関連項目川田喜久治中垣信夫日本宣伝美術協会

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杉浦康平 すぎうら-こうへい

1932- 昭和後期-平成時代のグラフィックデザイナー。
昭和7年9月8日生まれ。多数のブックデザインを手がける。曼陀羅(まんだら)をはじめとするアジアの図像研究,ブータンの切手デザイン,ビジュアルコミュニケーション論などにもとりくむ。昭和30年日宣美賞,46年講談社出版文化賞ブック・デザイン部門,平成9年毎日芸術賞。神戸芸術工科大教授。東京出身。東京芸大卒。著作に「日本のかたち・アジアのカタチ」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

杉浦康平の関連キーワードグラフィックデザイナービジュアル・デザイン細江英公曼荼羅

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android