コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杉浦康平 すぎうらこうへい

3件 の用語解説(杉浦康平の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

杉浦康平
すぎうらこうへい

[生]1932.9.8. 東京
グラフィックデザイナー。 1955年東京芸術大学建築科卒業,フリーランサーとして活動を始めた。同年8月,線図形と日本文字のデザインを組合せたレコードジャケットで第6回日宣美賞を受賞。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

杉浦康平【すぎうらこうへい】

グラフィック・デザイナー。東京生れ。東京芸大卒。特に装幀・造本,タイポグラフィーの分野で視覚言語の文法を探る実験を繰り返し,革新的な作品を生み出してきた。1960年代から1970年代にかけての東京画廊カタログ,1970年代の雑誌《エピステーメー》や《遊》,視覚的ノイズを大胆にタイポグラフィーに導入した《人間人形時代》(稲垣足穂著,1975年)や《全宇宙誌》(1979年),そして《時間軸変形地球儀》などのダイヤグラム等々,代表作は数多い。
→関連項目川田喜久治中垣信夫日本宣伝美術協会

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杉浦康平 すぎうら-こうへい

1932- 昭和後期-平成時代のグラフィックデザイナー。
昭和7年9月8日生まれ。多数のブックデザインを手がける。曼陀羅(まんだら)をはじめとするアジアの図像研究,ブータンの切手デザイン,ビジュアルコミュニケーション論などにもとりくむ。昭和30年日宣美賞,46年講談社出版文化賞ブック・デザイン部門,平成9年毎日芸術賞。神戸芸術工科大教授。東京出身。東京芸大卒。著作に「日本のかたち・アジアのカタチ」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

杉浦康平の関連キーワードグラフィックス永井一正グラフィックデザイナーグラフィックデザインJAGDAAGIグラフィックペンデザインあ伊藤憲治グラフィック・デザイナー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

杉浦康平の関連情報