コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花衣 ハナゴロモ

デジタル大辞泉の解説

はな‐ごろも【花衣】

桜襲(さくらがさね)の衣。表は白、裏は紫または二藍(ふたあい)のもの。
花見に着る晴れ着。花見の衣装。 春》
華やかな衣。
「いろめく―、げにおもしろき有様なり」〈仮・恨の介・上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

はなごろも【花衣】

兵庫の日本酒。酒名は「猪名川に咲く桜のように清酒界の花王となるように」という願いを込めて命名。純米大吟醸酒源氏の華」、大吟醸酒「源氏の雫」、吟醸酒「源氏の吟」のほか、純米酒本醸造酒などがある。平成5年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は山田錦など。仕込み水は猪名川上流の伏流水。蔵元の「川辺酒造」は昭和20年(1945)5軒の酒蔵が合併し設立。所在地は川辺郡猪名川町木津字南垣内。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

大辞林 第三版の解説

はなごろも【花衣】

桜襲さくらがさねの衣。春に用いる。
はなやかな衣。また、花色の衣。 「 -君がきをらば浅茅生にまじれる菊の香にまさりなむ/大和 御巫本
花見に着て行く晴れ着。 [季] 春。 《 -ぬぐやまつはる紐いろ〱 /杉田久女 》
桜の花が人に散りかかるのを衣に見立てた語。 [季] 春。 《 筏士の蓑やあらしの- /蕪村 》

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

花衣の関連キーワードSong for you~明日へ架ける光~花衣ぬぐやまつわる…貞松斎一馬(初代)俵屋宗理(3代)新歌舞伎十八番貞松斎米一馬杉田 久女窓月斎一由貞松斎一馬長谷川朝晴長島寿阿弥岩崎秀夫杉田久女田辺聖子尾崎由衣尾崎亜衣松原佑奈民部良子三好松洛溝呂木賢

花衣の関連情報