コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

材料科学 ざいりょうかがく material science

2件 の用語解説(材料科学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

材料科学
ざいりょうかがく
material science

主として固体材料に関し,あらゆる基礎的な問題の連係的な理論的研究,およびその成果の工業的応用・開発までを含む広範な内容をもつ学問分野。およそ 1960年頃,エレクトロニクス材料,高分子物質などの新材料の進歩,また一面には超高圧や極低温下での特殊な相転移,物性変化などの現象から,これらの諸問題を汎物質的な観点から包括する考え方が生れ,材料科学の語が使われ始めたが,その内容は固体物性論を主とするものであった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ざいりょう‐かがく〔ザイレウクワガク〕【材料科学】

材料の科学的性質を研究したり、工学的な応用や開発を行ったりする学問分野。材料の物性を主眼とする場合は物性科学または物質科学、工学的な見地から新規材料を開発したり、目標とする性質や性能を追求したりする場合は材料工学ともよばれるが、研究の対象や内容による明確な違いはない。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

材料科学の関連キーワード固体メーザー固体レーザー生産教育あらゆる有りと有らゆる基礎的諸有何としても基礎書類女子に対するあらゆる形態の差別の撤廃に関する条約

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

材料科学の関連情報