コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

材料科学(読み)ざいりょうかがく(英語表記)material science

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

材料科学
ざいりょうかがく
material science

主として固体材料に関し,あらゆる基礎的な問題の連係的な理論的研究,およびその成果の工業的応用・開発までを含む広範な内容をもつ学問分野。およそ 1960年頃,エレクトロニクス材料,高分子物質などの新材料の進歩,また一面には超高圧や極低温下での特殊な相転移,物性変化などの現象から,これらの諸問題を汎物質的な観点から包括する考え方が生れ,材料科学の語が使われ始めたが,その内容は固体物性論を主とするものであった。それが工学技術の範囲まで関連的に拡大されたのは,おそらく 67年 H.メルビル主宰の学術誌"Metals and Materials"の創刊の辞が初めである。それは,純金属および結晶の研究がエレクトロニクス材料開発に結実したことを例として,科学的研究と工業的要求との間の相互作用の必要を説き,この二元性の認識のもとに新材料の開発研究を体系的に行うことを提唱したものである。現在の工業材料の経験的に知られた諸性質を一つの基準で体系化することは,メルビル自身のいう formidable challenge (恐るべき挑戦) であったが,観測技術や制御技術の進歩により原子,分子レベルの観測制御が可能となってきており,モデリング手法,計算手法とともに理想が現実になりつつある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ざいりょう‐かがく〔ザイレウクワガク〕【材料科学】

材料の科学的性質を研究したり、工学的な応用や開発を行ったりする学問分野。材料の物性主眼とする場合は物性科学または物質科学、工学的な見地から新規材料を開発したり、目標とする性質や性能を追求したりする場合は材料工学ともよばれるが、研究の対象や内容による明確な違いはない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

材料科学の関連情報