コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東ルメリア ひがしルメリアIztochna Rumeliya; Eastern Roumelia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東ルメリア
ひがしルメリア
Iztochna Rumeliya; Eastern Roumelia

ブルガリアのバルカン山脈 (スタラプラニナ山脈) 以南で,ロドピ山脈以北のマリツァ川流域の歴史的名称。中心都市プロブディフ (旧フィリッポポリス) 。もとオスマン帝国の支配下にあったが,1878年ベルリン会議によって同帝国の自治行政州となり,この名称が使われた。当時の住民数は約 80万で大半がブルガリア人。 85年に起った反乱を機としてブルガリアと合併 (南ブルガリア) ,今日にいたる。「ローマ人の土地 (ビザンチン帝国領) 」を意味するトルコ語「ルミリ」に由来。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東ルメリア
ひがしるめりあ
Eastern Rumelia

1878年3月のサン・ステファノ条約で成立した大ブルガリアが、同年9月のベルリン条約で3分割されて生まれたオスマン帝国の自治州。現在のブルガリアのバルカン山脈以南の地域にほぼ相当する。オスマン帝国政府が任命し列強の承認するキリスト教徒知事が統治し、州都はプロブディフに置かれた。1885年、東ルメリアで併合運動が起き、蜂起(ほうき)にまで発展し、同年9月にブルガリアとの併合が宣言され、一方ブルガリア国王アレクサンダルも国民の熱狂に押されてこれを承認した。その結果、大国の利害が絡んで緊張が高まり、ブルガリア・セルビア戦争が起こったがブルガリアが勝利し、1886年のブカレスト条約で併合が事実上承認された。[寺島憲治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

東ルメリアの関連キーワードアレクサンダル(1世)(ブルガリアの公)セルビア=ブルガリア戦争東欧史(年表)スタラ・ザゴラブルガリア史スタンボロフカラベロフ再保障条約ハスコボ

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android