コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村田銃 むらたじゅう

6件 の用語解説(村田銃の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

村田銃
むらたじゅう

陸軍少将村田経芳が考案発明した単発小銃と連発銃。フランスのグラー銃やオランダのボーモン銃を手本にして 1880年単発の後装式施条銃を完成し,十三年式村田歩兵銃として制定された。口径 11mm,全長 1090mm,重量 4kg,最大射程 2000m。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

むらた‐じゅう【村田銃】

日本陸軍最初の制式小銃。明治13年(1880)に陸軍少将村田経芳(むらたつねよし)が考案したもの。単発と連発とがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

村田銃【むらたじゅう】

村田経芳が,西南戦争の経験を生かし,ドイツモーゼルM71歩兵銃などを範として1880年完成した最初の国産制式銃。単発式で,口径11mm,銃身長0.84m,全長1.294m,重さ4.15kg,射程1500m。
→関連項目三八式歩兵銃

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

むらたじゅう【村田銃】

旧日本軍で初めて正式に採用された国産の小銃。明治維新前後には,さまざまな輸入小銃が使用されていたが,1880年(明治13)に村田経芳が発明した十三年式村田銃が採用された。さらに85年(明治18)には若干の改正を加えた十八年式村田銃が採用され,日清戦争に威力を発揮した。十三年式,十八年式村田銃は元込単発銃であり,口径は11mm,砲金の薬莢(やつきよう)を用い,射撃後槓桿(こうかん)を引いて尾筒を開けば空薬莢ははじき出された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

むらたじゅう【村田銃】

旧陸軍最初の制式銃。1880年(明治13)村田経芳つねよしが開発した単発小銃。のち改造され連発銃となった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

村田銃
むらたじゅう

陸軍少将村田経芳(つねよし)によって設計された小銃で、日本陸軍で初めて制式となった国産小銃。1880年(明治13)、フランスのグラー銃、オランダのボーモン銃を参考に十三年式村田銃を開発した。ボルト・アクション単発式で口径11ミリ、全長1294ミリ、重量4キロ、照尺1500メートルであった。85年に一部が改良されて十八年式村田銃となり、これらが日清(にっしん)戦争で使用された。十八年式制定まもなく無煙火薬の連発銃の時代となり、村田経芳も89年に二十二年式村田連発銃(口径8ミリ、全長1220ミリ、重量4キロ、照尺2000メートル)を完成、制定された。[小橋良夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

村田銃の関連キーワード分隊GDDR5下士官戦法婦人警察官兵長旧日本軍砲台連合国共同宣言旧日本軍の少年採用列車愛称のさくら

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

村田銃の関連情報