コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東吉野[村] ひがしよしの

世界大百科事典 第2版の解説

ひがしよしの【東吉野[村]】

奈良県中東部,吉野郡の村。人口3336(1995)。東は高見山などの台高山脈の山々によって三重県と接し,中央部を走る中央構造線沿いに吉野川の支流高見川が西流する。標高200~700mにかけて集落が点在するが,耕地はほとんどなく,杉,ヒノキの人工美林地帯が広がる。林業基幹産業で,特にみがき丸太の生産が盛ん。就業人口の1/5は林業に従事するが,近年,若年労働者が流出し労働力不足が深刻である。中心集落は小川で,かつて鷲家口(わしかぐち)とよばれ,近世には伊勢街道要地であり,天誅組最後の決戦場としても知られる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

東吉野[村]の関連キーワード朝日・ベネッセ調査補助金泣く子なす高知市立自由民権記念館小平町御殿場市の要覧名古屋市の要覧

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android