東横堀川(読み)ひがしよこぼりがわ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東横堀川
ひがしよこぼりがわ

大阪市の中央区を南北に通じている運河。北は淀(よど)川の分流土佐堀川から南は道頓堀(どうとんぼり)まで約2200メートル。1585年(天正13)豊臣(とよとみ)秀吉が大坂城築城の際、外堀として開削した。当初、新堀とよんだが、西横堀、長堀、南堀が開削され、船場(せんば)、島之内(しまのうち)の町屋形成に伴い東横堀と称するようになった。水運により商都の発展に貢献した。現在、運河上には阪神高速道路が走る。[樋口節夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の東横堀川の言及

【高麗橋】より

…大阪市東区,南区を北から南へ貫流する東横堀川に架かる橋。東区の高麗橋詰町と高麗橋1丁目とを東西に結ぶ。…

※「東横堀川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

東横堀川の関連情報