コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東洋の理想(読み)とうようのりそう(英語表記)The Ideals of the East with Special Reference to the Art of Japan

世界大百科事典 第2版の解説

とうようのりそう【東洋の理想 The Ideals of the East with Special Reference to the Art of Japan】

岡倉天心の英文著作。1903年ロンドンのジョン・マレー書店刊。儒教,道教,仏教などの歴史をたどり,それらを生んだ東洋の精神の偉大さを強調し,その精神をよく保持してきたのが日本の美術だとする天心の代表的著作。〈アジアは一つである〉という冒頭の句はよく知られ,全体に天心の壮大なアジア主義の横溢があるが,のちにそのナショナリズムはファシズムの宣伝に利用されることにもなっている。【原田 実】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東洋の理想
とうようのりそう

明治・大正の美術運動の指導者岡倉天心の著作。英文で書かれ、原題はThe Ideals of the East with Special Reference to the Art of Japan。1903年(明治36)ロンドンのジョン・マレー社から出版された。1902年のインド滞在中に完成されたと考えられ、イギリス婦人ニベディタの序文をもつ。冒頭の文章“Asia is One.”(アジアは一つである)は有名である。インドの仏教、中国の儒教や道教に代表されるアジアの思想を紹介し、西洋の思想に対するその優位を説き、アジアの理想が日本の芸術のなかにいかに結晶しているかを、歴史の流れに従って述べている。西洋の思想や文物のアジアへの流入は、人々の生活や芸術を大いに混乱させており、アジアの再生はアジア自身の理想によるほかはないし、再生に果たす日本の芸術の役割は大きいという天心の主張は、明治後半期の天皇制を中心とした国家主義思想の高揚と密接な関係をもっている。[影山純夫]
『亀井勝一郎・宮川寅雄編『明治文学全集38 岡倉天心集』(1968・筑摩書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android