西洋史学(読み)せいようしがく

世界大百科事典 第2版の解説

せいようしがく【西洋史学】

日本の西洋史学は,日本史,東洋史と同様,1887年帝国大学(現,東京大学)に新設された史学科に,ドイツの歴史家L.リースが招かれ,近代歴史学の実証的な研究方法を伝えたことをつうじて,その学問的基礎を獲得した。その後,明治後期,大正から昭和10年ごろにいたる,いわば西洋史学の開拓時代には,リースランケの門弟だったこともあって,箕作元八(近代フランス史),村川堅固(1875‐1946,ギリシア・ローマ史)らに代表される政治史が主流で,大類伸(1884‐1975),原随園(1894‐1984)らのリードする文化史はむしろ副次的位置を占め,また一般に対象が著しく西欧諸大国にかたよる傾向を示した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

西洋史学の関連情報