コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西洋史学 せいようしがく

世界大百科事典 第2版の解説

せいようしがく【西洋史学】

日本の西洋史学は,日本史,東洋史と同様,1887年帝国大学(現,東京大学)に新設された史学科に,ドイツの歴史家L.リースが招かれ,近代歴史学の実証的な研究方法を伝えたことをつうじて,その学問的基礎を獲得した。その後,明治後期,大正から昭和10年ごろにいたる,いわば西洋史学の開拓時代には,リースランケの門弟だったこともあって,箕作元八(近代フランス史),村川堅固(1875‐1946,ギリシア・ローマ史)らに代表される政治史が主流で,大類伸(1884‐1975),原随園(1894‐1984)らのリードする文化史はむしろ副次的位置を占め,また一般に対象が著しく西欧諸大国にかたよる傾向を示した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

西洋史学の関連キーワード清水 広一郎村川 堅太郎煙山 専太郎秀村 欣二今井登志喜斎藤清太郎鈴木 成高清水広一郎煙山専太郎箕作 元八坪井九馬三堀米 庸三中村善太郎間崎万里吉岡昭彦木村重治鈴木佳秀野田宣雄鈴木成高望田幸男

西洋史学の関連情報