東海自然歩道(読み)トウカイシゼンホドウ

世界大百科事典 第2版の解説

とうかいしぜんほどう【東海自然歩道】

東京都の明治の森高尾国定公園と大阪府の明治の森箕面(みのお)国定公園を起・終点とする自然歩道厚生省が1968年12月に構想を発表,同時に足和田山~紅葉台(山梨県。富士箱根伊豆国立公園),焼山~神ノ川(神奈川県。丹沢大山国定公園),朝明~湯ノ山(三重県。鈴鹿国定公園)のモデルコースが整備された。75年3月には日本で初めての長距離自然歩道として,丹沢山,青木ヶ原,秋葉山鳳来寺山関ヶ原,養老,鈴鹿高原,室生山辺の道,信楽(しがらき),比叡山,大原,嵐山などを経由する全長1343.2kmの整備が完了した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の東海自然歩道の言及

【自然歩道】より

…しかし,国立公園のように自然公園法などの法律によって整備されているものではなく,環境庁の関係する〈長距離自然歩道〉と都道府県が独自に整備する自然歩道の2種がある。東海自然歩道,九州自然歩道,中国自然歩道などの長距離自然歩道は,起・終点やルート等を環境庁長官が決定し,その整備は関係都道府県が環境庁の補助を受けて実施する。その補助率は国立公園・国定公園内が2分の1,その他の地域が3分の1である。…

※「東海自然歩道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東海自然歩道の関連情報