コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明治の森箕面国定公園 めいじのもりみのおこくていこうえん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

明治の森箕面国定公園
めいじのもりみのおこくていこうえん

大阪府北部,丹波山地南端を占める箕面山地一帯の自然公園。面積 9.63km2。明治 100年の記念事業として 1967年指定。箕面川にかかる箕面滝が観光の中心。新緑や紅葉に映える渓谷美と巨岩,奇岩,天然記念物指定のニホンザルの群,多種の鳥類と昆虫類など保護の対象は多彩である。歴史の古い勝尾寺や弁財天をまつる滝安寺昆虫館などもある。大阪はじめ大都会に近いので,健全な野外レクリエーションを推進し,また特に青少年のために自然愛護の保護思想の育成をはかり,自然と人間が対話をする場所としての自然公園のモデルである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

めいじのもりみのお‐こくていこうえん〔メイヂのもりみのおコクテイコウヱン〕【明治の森箕面国定公園】

大阪府箕面市の箕面山地・箕面公園を中心とする国定公園紅葉名所。→明治の森

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

明治の森箕面国定公園【めいじのもりみのおこくていこうえん】

大阪府箕面市北部の箕面山(名勝)一帯を占める国定公園。面積9.63km2。1967年指定。1898年大阪府が指定した最初の自然公園が母体。秩父古生層の山地を峡谷が刻み,樹林が多く,昆虫も豊富。
→関連項目大阪[府]箕面[市]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

めいじのもりみのおこくていこうえん【明治の森箕面国定公園】

箕面山地を中心とする自然公園。紅葉の名所。高さ48メートルの箕面滝がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔大阪府〕明治の森箕面国定公園(めいじのもりみのおこくていこうえん)


大阪府北部の国定公園。鉢伏(はちぶせ)山・天上ヶ(てんじょうが)岳などの箕面山地と箕面川の渓谷からなる。面積963ha。1898年(明治31)開園の府立箕面公園が母体。1967年(昭和42)、明治100年を記念して東京都の明治の森高尾(たかお)国定公園とともに国定公園に。両公園を結ぶ東海自然歩道の西の起点。スギ・ヒノキなどの自然林に恵まれる。群棲(ぐんせい)するニホンザルは天然記念物に指定。昆虫類が多いことでも知られる。渓谷には奇岩・巨岩が多く、箕面滝が有名。紅葉の名所として知られ、園内には名刹(めいさつ)瀧安(りゅうあん)寺・勝尾(かつお)寺がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

明治の森箕面国定公園
めいじのもりみのおこくていこうえん

大阪府北部、箕面市にある国定公園。北摂(ほくせつ)山地の南縁にあり、1967年(昭和42)明治百年を記念して、東京都の高尾山とともに国定公園に指定された。面積9.63平方キロメートル。
 公園の中心は、1898年(明治31)開園された府営箕面公園で、箕面川の渓谷一帯は、名瀑(めいばく)箕面滝(高さ34メートル)と紅葉の名所で知られ、古刹(こさつ)瀧安(りゅうあん)寺(別称箕面寺)があり、1956年には「箕面山」として国の名勝に、また群生するニホンザルは国の天然記念物に指定された。昆虫の宝庫でもあり、昆虫館には約1万点が集められている。このほか、名刹勝尾(かつお)寺と光仁(こうにん)天皇皇子開成王の墓のある奥山、スギ、ヒノキの自然林一帯も含まれ、自然保護を図るとともに、自然教室や自然研究路、また東海自然歩道を設けて、京阪神の人々の自然観察とレクリエーションの地としている。阪急電鉄箕面線が通じる。[位野木壽一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

明治の森箕面国定公園の関連キーワード西国三十三所箕面国定公園大阪府箕面市東海自然道箕面(市)ニホンザル大阪(府)秩父古生層天然記念物箕面温泉北摂山地自然林茨木市弁財天昆虫類豊能町箕面滝猪名川渓谷群棲

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

明治の森箕面国定公園の関連情報