コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明治の森高尾国定公園 めいじのもりたかおこくていこうえん

6件 の用語解説(明治の森高尾国定公園の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

明治の森高尾国定公園
めいじのもりたかおこくていこうえん

東京都西部,高尾山を中心とする山岳自然公園。面積 7.77km2。明治 100年の記念事業として 1967年指定。中央本線と甲州街道(国道20号線)とに挟まれた地域で,高尾登山口の清滝から山頂-小仏峠-城山にいたる全長 7kmに及ぶ尾根一帯が対象。古寺薬王院の寺領時代からのモミ,カシ,アカマツ,スギ,ブナなどの高齢巨木の天然林があり,東京近郊ではまれにみる自然保存状態のよいところである。昆虫,野鳥の種類が多く,区域の大部分が鳥獣特別保護区で,自然研究路が整備されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

めいじのもりたかお‐こくていこうえん〔メイヂのもりたかをコクテイコウヱン〕【明治の森高尾国定公園】

東京都八王子市の高尾山を中心とする国定公園。→明治の森

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

明治の森高尾国定公園【めいじのもりたかおこくていこうえん】

東京都西部の高尾山一帯を占める国定公園。面積7.70km2。1967年指定。マツ,スギ,モミ,カシなどの天然林があり,昆虫が多く,自然がよく保たれている。
→関連項目東京[都]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

めいじのもりたかおこくていこうえん【明治の森高尾国定公園】

高尾山を中心とする自然公園。関東三大霊場の一つ、薬王院がある。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔東京都〕明治の森高尾国定公園(めいじのもりたかおこくていこうえん)


東京都の南西端、高尾山(標高599m)を中心とした国定公園。高尾登山口の清滝から高尾山頂・小仏(こぼとけ)峠・城山(しろやま)に至る尾根一帯を区域とする。面積777ha。1950年(昭和25)に指定された都立高尾陣馬(じんば)自然公園が前身。1967年に明治100年を記念して旧公園の一部が大阪府の明治の森箕面(みのお)国定公園とともに国定公園として指定された。両公園を結ぶ東海自然歩道の東の起点。古くから社寺林・御料林として保護され、スギ・ブナ・モミの原生林が残る。昆虫や鳥・小動物などが豊富。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

明治の森高尾国定公園
めいじのもりたかおこくていこうえん

東京都八王子市にある高尾山を中心とする国定公園。面積7.77平方キロメートル。1950年(昭和25)高尾山と陣馬(じんば)山一帯を高尾陣場都立自然公園として指定したが、67年明治百年を記念して、大阪府の明治の森箕面(みのお)国定公園とともに、その一部が明治の森高尾国定公園として指定された。東海自然歩道の東の起点である。東京都区内から京王電鉄京王・高尾線が通じる。レクリエーションの場として四季を通じて訪れる人が多い。[菊池万雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

明治の森高尾国定公園の関連情報