コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東西ドイツ基本条約 とうざいドイツきほんじょうやくVertrag über die Grundlagen der Beziehungen zwischen Bundesrepublik Deutschland und Deutsche Demokratische Republik

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東西ドイツ基本条約
とうざいドイツきほんじょうやく
Vertrag über die Grundlagen der Beziehungen zwischen Bundesrepublik Deutschland und Deutsche Demokratische Republik

1972年 12月 21日に東ベルリンで調印された,東西両ドイツの関係正常化のための「両ドイツ関係の基礎に関する条約」。前文,本文 10ヵ条,付属文書 18から成る。そのなかで両ドイツは,両国の境界線を含むヨーロッパの現境界線の不可侵,両国の武力不行使,相互の独立,主権の尊重,などを約束した。これによって,第2次世界大戦後初めて,双方が互いに相手方が別個の国家であることを実質的に認めたことになった。大使に相当するものとしては,常駐代表がおかれ,人的交流も緩和されることとなった。 (→ブラント )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

東西ドイツ基本条約の関連キーワード東西ドイツ首相会談ドイツ統一問題東方政策

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android