コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松帆の浦 マツホノウラ

デジタル大辞泉の解説

まつほ‐の‐うら【松帆の浦】

淡路島北端の松帆崎の海岸。明石海峡に臨む景勝地。まつおのうら。[歌枕]
「来ぬ人を―の夕なぎに焼くや藻塩の身もこがれつつ」〈新勅撰・恋三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まつほのうら【松帆の浦】

淡路島の北端、明石海峡に面する松帆崎周辺の海浜。⦅歌枕⦆ 「こぬ人を-の夕なぎにやくやもしほの身もこがれつつ/新勅撰集 恋三

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松帆の浦
まつほのうら

兵庫県淡路(あわじ)島最北端、明石(あかし)海峡に臨む景勝地。淡路市に属す。瀬戸内海国立公園域で、白砂青松の海岸は『万葉集』をはじめ多くの歌に詠まれた。とくに藤原定家(ていか)の「来ぬ人を松帆の浦の夕なぎに焼くや藻塩(もしお)の身もこがれつつ」(『新勅撰(しんちょくせん)和歌集』、『百人一首』)はよく知られている。幕末には、海防のために13の砲台が築かれ、いまも台場の石垣が残っている。徳島藩松帆台場跡として国指定史跡。[吉田茂樹]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

松帆の浦の関連キーワード徳島藩松帆台場跡兵庫県淡路市岩屋兵庫県淡路市白砂青松夕なぎ

松帆の浦の関連情報