コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松帆の浦 マツホノウラ

3件 の用語解説(松帆の浦の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

まつほ‐の‐うら【松帆の浦】

淡路島北端の松帆崎の海岸。明石海峡に臨む景勝地。まつおのうら。[歌枕]
「来ぬ人を―の夕なぎに焼くや藻塩の身もこがれつつ」〈新勅撰・恋三〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松帆の浦
まつほのうら

兵庫県淡路(あわじ)島最北端、明石(あかし)海峡に臨む景勝地。淡路市に属す。瀬戸内海国立公園域で、白砂青松の海岸は『万葉集』をはじめ多くの歌に詠まれた。とくに藤原定家(ていか)の「来ぬ人を松帆の浦の夕なぎに焼くや藻塩(もしお)の身もこがれつつ」(『新勅撰(しんちょくせん)和歌集』、『百人一首』)はよく知られている。幕末には、海防のために13の砲台が築かれ、いまも台場の石垣が残っている。徳島藩松帆台場跡として国指定史跡。[吉田茂樹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

松帆の浦の関連情報