コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松本剛吉 まつもと ごうきち

2件 の用語解説(松本剛吉の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松本剛吉 まつもと-ごうきち

1862-1929 明治-昭和時代前期の政治家。
文久2年8月生まれ。神奈川県警部などをへて,明治37年衆議院議員(当選4回)。政界の表裏に通じ,山県有朋(やまがた-ありとも),西園寺公望(さいおんじ-きんもち),原敬(たかし)らとまじわり,情報の提供・連絡役をつとめた。昭和2年貴族院議員。昭和4年3月5日死去。68歳。昭和34年「大正デモクラシー期の政治―松本剛吉政治日誌」が刊行された。丹波氷上郡(兵庫県)出身。本姓は今井。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松本剛吉
まつもとごうきち
(1862―1929)

明治・大正期の政治家。文久(ぶんきゅう)2年8月丹波(たんば)国(兵庫県)に生まれる。旧姓今井。維新後上京。警察畑を歩み同郷の田健治郎(でんけんじろう)の知遇を得る。1898年(明治31)憲政党に入り、1904年(明治37)郷里より代議士に当選。1916年(大正5)より田逓信(ていしん)相(ついで台湾総督)の秘書官。こうしたなかで田の背後にいる山県有朋(やまがたありとも)と通じ、一方では西園寺公望(さいおんじきんもち)とも親しくなり、政界の表裏を知る消息通として活躍。それを克明に記した日誌は著名である。1927年(昭和2)貴族院議員に勅選されたが、昭和4年3月5日死去。[阿部恒久]
『岡義武・林茂校訂『大正デモクラシー期の政治――松本剛吉政治日誌』(1959・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松本剛吉の関連キーワード池内広正一井正典植場平加藤宇兵衛藤平謹一郎西田敬止二条正麿堀覚太郎森永助矢川れん

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone