コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松本剛吉(読み)まつもと ごうきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松本剛吉 まつもと-ごうきち

1862-1929 明治-昭和時代前期の政治家。
文久2年8月生まれ。神奈川県警部などをへて,明治37年衆議院議員(当選4回)。政界の表裏に通じ,山県有朋(やまがた-ありとも),西園寺公望(さいおんじ-きんもち),原敬(たかし)らとまじわり,情報の提供・連絡役をつとめた。昭和2年貴族院議員。昭和4年3月5日死去。68歳。昭和34年「大正デモクラシー期の政治―松本剛吉政治日誌」が刊行された。丹波氷上郡(兵庫県)出身。本姓は今井。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松本剛吉
まつもとごうきち
(1862―1929)

明治・大正期の政治家。文久(ぶんきゅう)2年8月丹波(たんば)国(兵庫県)に生まれる。旧姓今井。維新後上京。警察畑を歩み同郷の田健治郎(でんけんじろう)の知遇を得る。1898年(明治31)憲政党に入り、1904年(明治37)郷里より代議士に当選。1916年(大正5)より田逓信(ていしん)相(ついで台湾総督)の秘書官。こうしたなかで田の背後にいる山県有朋(やまがたありとも)と通じ、一方では西園寺公望(さいおんじきんもち)とも親しくなり、政界の表裏を知る消息通として活躍。それを克明に記した日誌は著名である。1927年(昭和2)貴族院議員に勅選されたが、昭和4年3月5日死去。[阿部恒久]
『岡義武・林茂校訂『大正デモクラシー期の政治――松本剛吉政治日誌』(1959・岩波書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android