コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田健治郎 でんけんじろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

田健治郎
でんけんじろう

[生]安政2 (1855).2.8. 丹波
[没]1930.11.16. 東京
明治・大正・昭和期の政治家。愛知県庁,神奈川県庁,埼玉県庁などに出仕。1890年,逓信大臣後藤象二郎に登用され逓信省に入り,郵務局局長,通信局局長などを経て逓信次官に就任。1901年に衆議院議員となって政界入りし,1906年貴族院議員に勅選された。1907年に男爵叙爵。1916年寺内正毅内閣の逓信相,1919~23年台湾総督(→台湾総督府),1923年山本権兵衛内閣の司法大臣兼農商務大臣を歴任。のち枢密顧問官(→枢密院)となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田健治郎 でん-けんじろう

1855-1930 明治-昭和時代前期の官僚,政治家。
安政2年2月8日生まれ。田文平の次男。田英夫の祖父。神奈川,埼玉など各県警察部長をへて,明治23年逓信省にはいり,31年同省次官兼鉄道局長となる。34年衆議院議員(当選2回,政友会)。寺内内閣の逓信相,台湾総督,第2次山本内閣の農商務相兼法相をつとめる。貴族院議員,枢密顧問官。昭和5年11月16日死去。76歳。丹波氷上郡(兵庫県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

でんけんじろう【田健治郎】

1855‐1930(安政2‐昭和5)
明治・大正期の官僚,政治家。丹波国氷上郡小倉村(現,兵庫県氷上郡柏原町)に生まれる。篠山藩儒渡辺弗措に学ぶ。1875年熊谷県(群馬県の前身)を振り出しに愛知,神奈川,埼玉各県官吏を経て,90年逓信省に入り,98年逓信次官。1901年衆議院議員に当選,政友会に属したが03年脱会。その後は山県有朋系官僚として逓信次官に再任,06年には貴族院議員に勅選され,翌年男爵。16年寺内正毅内閣に逓信大臣として入閣

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田健治郎
でんけんじろう
(1855―1930)

官僚、政治家。安政(あんせい)2年2月8日、丹波(たんば)国氷上(ひかみ)郡下小倉(しもおぐら)村(兵庫県丹波市)の豪農季胤(すえたね)の二男に生まれる。篠山(ささやま)藩儒渡辺弗措(ふっそ)らに学ぶ。1874年(明治7)同郷人を頼って熊谷(くまがや)県に行き官途につく。以後愛知、高知、神奈川、埼玉各県官吏を歴任、おもに司法・警察畑を歩む。1890年逓信(ていしん)省に入り、1898年逓信次官となる。1901年(明治34)次官免官。同年兵庫3区より衆議院議員に当選し政友会に属したが、1903年脱会。以後山県有朋(やまがたありとも)系の官僚として活躍し、同年逓信次官に再任、1906年には貴族院に勅選され、翌年男爵を授けられる。1916年(大正5)寺内正毅(まさたけ)内閣の逓信大臣、1919年には文官として初の台湾総督、1923年第二次山本権兵衛(やまもとごんべえ)内閣の農商務大臣を経て、1926年枢密顧問官となり、1930年(昭和5)11月16日没するまで終生その地位にあった。[由井正臣]
『田健治郎伝編纂会編・刊『田健治郎伝』(1932/復刻版・1988・大空社) ▽尚友倶楽部他編『田健治郎日記』全7巻(2008~ ・芙蓉書房出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の田健治郎の言及

【自動車産業】より

…11年に至り,橋本増治郎により快進社自働車工場が創業され,同社はその後株式会社快進社となり,輸入自動車の修理のかたわら,13年小型乗用車を製造した。この車は後援者の田健治郎,青山禄郎,竹内明太郎の頭文字を取り〈DAT(ダツト)〉号と名づけられた。また,DAT号では一般によくわからないので,漢字を当て脱兎(だつと)号とも呼ばれた。…

※「田健治郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

田健治郎の関連キーワード松本剛吉

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android