コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田健治郎 でんけんじろう

4件 の用語解説(田健治郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

田健治郎
でんけんじろう

[生]安政2 (1855).2.8. 丹波
[没]1930.11.16. 東京
明治・大正・昭和期の政治家。愛知県庁,神奈川県庁,埼玉県庁などに出仕。1890年,逓信大臣後藤象二郎に登用され逓信省に入り,郵務局局長,通信局局長などを経て逓信次官に就任。1901年に衆議院議員となって政界入りし,1906年貴族院議員に勅選された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田健治郎 でん-けんじろう

1855-1930 明治-昭和時代前期の官僚,政治家。
安政2年2月8日生まれ。田文平の次男。田英夫の祖父。神奈川,埼玉など各県警察部長をへて,明治23年逓信省にはいり,31年同省次官兼鉄道局長となる。34年衆議院議員(当選2回,政友会)。寺内内閣の逓信相,台湾総督,第2次山本内閣の農商務相兼法相をつとめる。貴族院議員,枢密顧問官。昭和5年11月16日死去。76歳。丹波氷上郡(兵庫県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

でんけんじろう【田健治郎】

1855‐1930(安政2‐昭和5)
明治・大正期の官僚,政治家。丹波国氷上郡小倉村(現,兵庫県氷上郡柏原町)に生まれる。篠山藩儒渡辺弗措に学ぶ。1875年熊谷県(群馬県の前身)を振り出しに愛知,神奈川,埼玉各県官吏を経て,90年逓信省に入り,98年逓信次官。1901年衆議院議員に当選,政友会に属したが03年脱会。その後は山県有朋系官僚として逓信次官に再任,06年には貴族院議員に勅選され,翌年男爵。16年寺内正毅内閣に逓信大臣として入閣。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田健治郎
でんけんじろう
(1855―1930)

官僚、政治家。安政(あんせい)2年2月8日、丹波(たんば)国氷上(ひかみ)郡下小倉(しもおぐら)村(兵庫県丹波市)の豪農季胤(すえたね)の二男に生まれる。篠山(ささやま)藩儒渡辺弗措(ふっそ)らに学ぶ。1874年(明治7)同郷人を頼って熊谷(くまがや)県に行き官途につく。以後愛知、高知、神奈川、埼玉各県官吏を歴任、おもに司法・警察畑を歩む。1890年逓信(ていしん)省に入り、1898年逓信次官となる。1901年(明治34)次官免官。同年兵庫3区より衆議院議員に当選し政友会に属したが、1903年脱会。以後山県有朋(やまがたありとも)系の官僚として活躍し、同年逓信次官に再任、1906年には貴族院に勅選され、翌年男爵を授けられる。1916年(大正5)寺内正毅(まさたけ)内閣の逓信大臣、1919年には文官として初の台湾総督、1923年第二次山本権兵衛(やまもとごんべえ)内閣の農商務大臣を経て、1926年枢密顧問官となり、1930年(昭和5)11月16日没するまで終生その地位にあった。[由井正臣]
『田健治郎伝編纂会編・刊『田健治郎伝』(1932/復刻版・1988・大空社) ▽尚友倶楽部他編『田健治郎日記』全7巻(2008~ ・芙蓉書房出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の田健治郎の言及

【自動車産業】より

…11年に至り,橋本増治郎により快進社自働車工場が創業され,同社はその後株式会社快進社となり,輸入自動車の修理のかたわら,13年小型乗用車を製造した。この車は後援者の田健治郎,青山禄郎,竹内明太郎の頭文字を取り〈DAT(ダツト)〉号と名づけられた。また,DAT号では一般によくわからないので,漢字を当て脱兎(だつと)号とも呼ばれた。…

※「田健治郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

田健治郎の関連キーワード氷上〈町〉兵庫県丹波市氷上町氷上井上孝哉大島久満次熊谷巌田艇吉西脇晋野添宗三藤原氷上娘松本剛吉

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone