コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松村介石 まつむら かいせき

6件 の用語解説(松村介石の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

松村介石

宗教家。兵庫県生。号は足堂・容膝堂主人・市谷隠士。儒教とキリスト教を結合した日本教会を起こし、後に道会と改称。信神・修徳・愛隣・永生を信条とし、機関誌『道』を発行。『リンコルン伝』『修養録』の著書がある。昭和14年(1939)歿、81才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松村介石 まつむら-かいせき

1859-1939 明治-昭和時代前期の宗教家。
安政6年10月16日生まれ。J.H.バラにまなびキリスト教に入信。明治40年儒教道徳をくわえた日本的キリスト教を説く日本教会(のち道会と改名)を設立,翌年「道」創刊。大正4年大倉孫兵衛ら財界人の援助で東京渋谷に拝天堂を建設した。昭和14年11月29日死去。81歳。播磨(はりま)(兵庫県)出身。著作に「信仰五十年」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

松村介石

没年:昭和14.11.29(1939)
生年:安政6.10.15(1859.11.9)
キリスト教伝道者。修養団体「道会」の創始者。父は明石藩の藩士。横浜に出て宣教師J.H.バラーのもとでキリスト教に入信。岡山県高梁教会牧師,『基督教新聞』の編集,キリスト教系の山形英学校教師などを勤めたが,明治40(1907)年,独自の宗教団「日本教会」(のち「道会」と改称)を起こし,森村市左衛門らの援助で東京渋谷に本部「拝天堂」を建て,機関誌「道」を発行,「信神,修徳,愛隣,永生」を四綱領とし普遍的な神との合一を目的とする修養を説いた。内村鑑三,植村正久と共にキリスト教の「三村」と呼ばれたこともある。<著作>『信仰五十年』『立志之礎』

(鵜沼裕子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

まつむらかいせき【松村介石】

1859‐1939(安政6‐昭和14)
宗教家。宣教師バラの塾に学び,キリスト教の教えに触れてバラにより受洗,牧師となって宣教活動にあたり,一時は植村正久,内村鑑三とともに〈キリスト教界の三村〉と称された。儒教道徳を重視し,正統的な教会の信仰から外れて日本的キリスト教を提唱するようになり,1907年日本教会(のちの道会)を設立,翌年機関誌《道》を創刊して信神,修徳,愛憐,永生の四綱領を軸に道徳運動を進めた。【波多野 和夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松村介石
まつむらかいせき

[生]安政6(1859).11.10. 明石
[没]1939.11.29.
道会の創設者。一時養家の森本姓を名のる。 1876年上京,玉藻学校廃校後,横浜バラ塾に学び,キリスト教に入信。高梁教会牧師を経て『福音新報基督教新聞』を編集。その後山形英学校北越学館教員となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松村介石
まつむらかいせき
(1859―1939)

宗教家、「道会(どうかい)」の主宰者。播磨(はりま)国(兵庫県)明石(あかし)藩士の家に出生。16歳で神戸の宣教師に、さらに横浜で改革派教会宣教師J・H・バラの塾に学ぶうちキリスト教に入信。1882年(明治15)12月、日本組合教会高梁(たかはし)教会(岡山県)の牧師に就任。その後、『福音(ふくいん)新報』(大阪)、『基督(キリスト)教新聞』(東京)の編集に従事、このころ新神学に傾いた。1907年(明治40)キリスト教に基づく「日本教会」を創立、神儒仏基に共通する信神・修徳・愛隣・永生の4綱領を信条とした。翌年、機関誌『道(みち)』を刊行。のち教会を「道会」と改称し、大倉孫兵衛、森村市左衛門ら財界人の援助を受けて宣教活動を進めた。15年(大正4)東京渋谷に拝天堂を建立、青年知識人を集めた。[高橋昌郎]
『松村介石著『信仰五十年』(1926・道会事務所)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松村介石の関連キーワード金森通倫小崎弘道キリスト教会耶蘇キリスト教徒伝道会伝道師キリスト教史学会沢崎堅造松村里子

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

松村介石の関連情報