コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森村市左衛門 もりむらいちざえもん

4件 の用語解説(森村市左衛門の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

森村市左衛門
もりむらいちざえもん

[生]天保10(1839).10.27. 江戸
[没]1919.9.11. 東京
明治の実業家。生家は武具商。母の死後 13歳で奉公に出た。安政2 (1855) 年の震災で丸裸となり大道商人になったが,のち若干の資金を得て御用商人となり,戊辰戦争に際しては板垣退助の命で土佐藩の武器,糧食の調達に従事した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森村市左衛門 もりむら-いちざえもん

1839-1919 明治時代の実業家。
天保(てんぽう)10年10月28日生まれ。家は江戸京橋の高知藩御用達商。明治9年弟の豊,義弟大倉孫兵衛貿易商社森村組をおこし,アメリカに雑貨を輸出。のち日本陶器(現ノリタケ),森村銀行の経営ほか諸事業に関係した。キリスト教に入信し,社会事業家,教育家としても活躍。大正8年9月11日死去。81歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

森村市左衛門

没年:大正8.9.11(1919)
生年:天保10.10.28(1839.12.3)
明治大正期の実業家。代々土佐藩の用達商を務めた江戸京橋の武具商の家に嫡男として生まれた。安政の大地震(1854)で家を焼かれ,無一文からの出発を余儀なくされた。幕末開港期に渡米使節の外貨調達,洋式軍隊の軍需物資調達にかかわるなどしながら,次第に外国貿易とのかかわりを深めていく。明治9(1876)年,慶応義塾で英語を学んだ弟の森村豊と共に貿易会社森村組を設立。アメリカで日本の骨董品,陶器,提灯,人形などをクリスマスギフト向けに販売し,大成功をおさめる。扱い商品中,主力商品であった陶磁器の製造を直接手がけるため,37年には愛知県の鷹羽村則武(名古屋市)に日本陶器会社を設立。西洋食器の製造を開始,徐々に品質を上げ,ついには大正2(1913)年に念願の白色硬質陶磁器のディナーセットを完成させた。以後「ノリタケチャイナ」のブランドは全世界に知れ渡った。同時に森村は道徳,宗教,教育への関心が高く,社会文化事業に対して積極的な活動を展開。財団法人森村豊明会を設立し,北里研究所,日本女子大学,森村学園,修養団,帰一協会などをはじめとする多数の団体に物心両面の貢献をした。この面では渋沢栄一と行動を共にすることも多く,この両名をして「明治大正期のメセナ(文化支援)の両雄」といっても過言ではあるまい。他に森村銀行頭取,日本銀行理事をはじめとして数多くの会社に関与した。<著作>『独立自営』<参考文献>若宮卯之助『森村翁言行録』

(島田昌和)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

森村市左衛門
もりむらいちざえもん
(1839―1919)

実業家。武具用達商市左衛門の長男として江戸・京橋に生まれる。長じて家業を継承し用達商となるが、開港を機に横浜に進出し、舶来雑貨商をも兼営する。戊辰(ぼしん)戦争の際に兵器売買で資産をつくり、明治初年、各種事業に着手するが、失敗の連続で破産の憂き目をみた。その後、武具商を廃して貿易業に乗り出し、1876年(明治9)異母弟豊と森村組を興し対米直接貿易を開始した。貿易業で成功したのち、森村銀行を開いたほか、中央財界の有力人物の一人となり各種事業に関連した。晩年は事業いっさいを二男開作(当主森村勇)にゆだね、熱心なクリスチャンとして社会奉仕に献身した。[浅野俊光]
『若宮卯之助著『森村翁言行録』(1929・大倉書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

森村市左衛門の関連キーワード竹内綱淡谷清蔵生田和平宇田友四郎大石保川崎幾三郎佐々木長治中田清兵衛吹原九郎三郎(11代)山地土佐太郎

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

森村市左衛門の関連情報