コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松花堂 ショウカドウ

大辞林 第三版の解説

しょうかどう【松花堂】

松花堂昭乗しようじようのこと。また彼が晩年に京都の泉坊に結んだ草庵。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松花堂
しょうかどう

江戸初期の僧松花堂昭乗(しょうじょう)が、1637年(寛永14)に営んだ方丈の草庵(そうあん)。明治の神仏分離で泉坊は取り払われることになり、客殿、庭園とともに他所を転じたのち、1891年(明治24)京都府八幡市男山(おとこやま)南東の現在地に移された。茅葺(かやぶき)宝形造の屋根に覆われ、露盤、宝珠がつつましく屋頂を飾っている。床(とこ)、袋棚、丸炉、仏壇を備えた二畳を主体に、「くど」を設けた土間、勝手、水屋からなる。茶事にも事欠かないが、茶室としては通形に当てはまらない形式を示しており、「自ら薪(たきぎ)をとり、湯を沸し、茶をたて、仏に供え、人に施し、我ものむ」(南方録)という茶の湯の原点を踏まえた昭乗独自の茶境による所産といえる。[中村昌生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の松花堂の言及

【八幡[市]】より

…また大規模な住宅団地が造成され,市の人口は1970年前後から急激に増加している。男山丘陵の南東には,〈寛永の三筆〉の一人で茶人としても知られた松花堂昭乗ゆかりの松花堂(史)がある。もと八幡宮の宿院泉坊のかたわらに建立されたもの。…

※「松花堂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

松花堂の関連キーワード八幡市立松花堂美術館松花堂およびその跡松花堂弁当瀧本坊乗淳薬師寺方正萩之坊乗円大徳寺縁高豊蔵坊孝仍滝本坊憲乗滝本坊乗鎮滝本坊昭乗本阿弥光悦滝本坊乗淳中村昌生近衛信尹小堀遠州中沼左京既白寿采永井素岳富島瑞峰

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松花堂の関連情報