コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

枕崎[市] まくらざき

百科事典マイペディアの解説

枕崎[市]【まくらざき】

鹿児島県西部の市。1949年市制。薩摩半島南西端を占め,おもに火山灰台地。中心市街は古くからの漁港で,1931年南薩鉄道(現鹿児島交通)開通後,カツオ漁港として著しく発展。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

まくらざき【枕崎[市]】

鹿児島県南西部,薩摩半島の南端に位置する市。1949年市制。人口2万7640(1995)。南は東シナ海に面して平地が開け,他の三方国見岳蔵多山などの山地である。台風の進路にあたり,1945年の枕崎台風や51年のルース台風などでは大きな被害を受けた。中世末期以来,島津氏の支族喜入(きいれ)氏の領地であった。江戸時代にカツオ漁が盛んになり,枕崎港は明治以後急速に発展,1969年には特定第3種漁港に指定され,日本有数のカツオ漁業基地となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

枕崎[市]の関連キーワード枕崎

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android