林倭衛(読み)ハヤシシズエ

デジタル大辞泉の解説

はやし‐しずえ〔‐しづヱ〕【林倭衛】

[1895~1945]洋画家。長野の生まれ。大正8年(1919)社会運動家の大杉栄を描いた「出獄の日のO氏」を二科展に出品し、警視庁から撤回を命じられる。大正10年(1921)渡欧、帰国後は春陽会などで活躍。セザンヌの影響を受け、詩情を感じさせる作風で知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

林倭衛

長野県上田市生まれ。16歳で東京の印刷会社に勤め、日本水彩画会研究所夜間部に入る。大杉栄と知り合って傾倒。1916(大正5)年二科展に初入選。17年に同展で樗牛賞、18年に「H氏肖像」などの作品で二科賞を受賞し、新進画家として注目される。坂本繁二郎、小出楢重らと渡仏し、セザンヌのアトリエを借りて制作。その後、春陽会で活躍。新文展の審査員などを務めたが、45年の終戦直前に急死する。透明感のある風景画で知られている。

(2010-01-22 朝日新聞 朝刊 都 2地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

林倭衛 はやし-しずえ

1895-1945 大正-昭和時代前期の洋画家。
明治28年6月1日生まれ。大正5年二科展に「サンジカリスト」が初入選,翌年「小笠原風景」で樗牛(ちょぎゅう)賞。8年大杉栄をえがいた「出獄の日のO氏」を同展に出品し警視庁から撤去を命じられた。10年渡欧,帰国後,春陽会会員となるが,のち退会。新文展の審査員をつとめた。昭和20年1月26日死去。51歳。長野県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

林倭衛
はやししずえ
(1895―1945)

洋画家。長野県上田生まれ。1911年(明治44)日本水彩画研究所の夜間部に入る。16年(大正5)第3回二科展に『サンジカリスト』ほかが初入選、翌年二科展出品の『小笠原(おがさわら)風景』で樗牛(ちょぎゅう)賞、18年には二科賞を受ける。翌年旧友大杉栄(さかえ)を描いて二科展に出品した『出獄の日のO氏』は、警視庁から撤回を命じられた。20年二科会会友となり、翌年渡仏、26年帰国して春陽会会員となり、27年(昭和2)春陽展に滞欧作28点を特別展示。34年春陽会を退会、翌年の帝展改組に際し無鑑査となり、新文展審査員も務めた。独特の詩情をもつ簡明な作風を示した。[小倉忠夫]
『小崎軍司著『林倭衛』(1971・三彩社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の林倭衛の言及

【明治・大正時代美術】より

…また坂本繁二郎は,東洋的な,浪漫的な心情を,光と影の色面に表現する独自の絵画世界をつくりだした。このほか二科会は,熊谷守一(もりかず)(1880‐1977),正宗得三郎(1883‐1962),中川紀元(きげん)(1892‐1972),鍋井克之(1888‐1969),小出楢重,国枝金三(1886‐1943),黒田重太郎(1887‐1970),林倭衛(しずえ)(1895‐1945),硲(はざま)伊之助(1895‐1977),関根正二,古賀春江,東郷青児(1897‐1978)ら,大正・昭和期の洋画界をリードする数多くの新人を世に出している。 二科会結成と同じ年,前年世を去った岡倉天心の一周忌を期して,日本画の横山大観,下村観山,木村武山(1876‐1942),安田靫彦,今村紫紅に洋画の小杉放庵を加えて,開店休業状態になっていた日本美術院が,洋画部も新たに設けて再興されている。…

※「林倭衛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android