コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林業構造改善事業 りんぎょうこうぞうかいぜんじぎょう

百科事典マイペディアの解説

林業構造改善事業【りんぎょうこうぞうかいぜんじぎょう】

1964年の林業基本法を具体化しようとした事業。第1次は1965年―1974年度に987地域で林道開設や生産施設の充実に努め,第2次は1973年―1985年度に891地域で外材急増と労働力減少などに対応した地域林業の振興を重点に実施。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りんぎょうこうぞうかいぜんじぎょう【林業構造改善事業】

林業基本法(1964)の具体化施策として発足したもので,〈夢のある地域社会をつくり,地域林業の潜在的可能性を追求する方向で,各種の事業を重点的かつ総合的に行なう〉ことを目的としている。第1次林業構造改善事業は1965年度から74年度まで,987地域を対象に行われた。第2次林業構造改善事業は73年度から85年度まで,891地域を対象として行われている。ついで新林業構造改善事業が1980年度から94年度まで,972地域を対象に行われた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

林業構造改善事業の関連キーワードコンゴ動乱少年犯罪水俣病オリンピック招致コスイギンゾンド深作欣二マルクス兄弟青色片岩相大前孝太郎

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone