コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 イス

8件 の用語解説(柞の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いす【×柞】

イスノキの別名。

いす‐の‐き【×柞/蚊樹】

マンサク科の常緑高木。暖地に自生。樹皮は灰白色。葉は長楕円形で厚く、互生する。春、紅色の細かい花が穂状に咲く。葉に生ずる虫こぶはタンニンを含み、染料に、材は堅くて重く、柱・机・櫛(くし)・そろばん玉などに用いられ、また柞灰(いすばい)も作られる。虫こぶを吹いたときに鳴る音から「ひょんのき」ともいう。さるぶえ。さるびょう。くしのき。ゆすのき。いす。

ははそ【×柞】

コナラの別名。古くは近似種のクヌギミズナラなどを含めて呼んだらしい。また、誤ってカシワをいうこともある。 秋》
《語頭の2音が同音であるところから》母の意にかけて用いる。
「いかにせん結ぶ木の実を待たずして秋の―に落つる山風」〈海道記

ほうそ〔はうそ〕【×柞】

ははそ」の音変化。〈和玉篇〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いす【柞】

イスノキ に同じ。

ははそ【柞】

コナラなど、ブナ科コナラ属の植物の別名。 [季] 秋。
ははの意にかけて用いる。 「時ならぬ-の紅葉散りにけりいかに木の下もとさびしかるらむ/拾遺 哀傷

ほうそ【柞】

「ははそ」の転。 〔重訂本草綱目啓蒙〕

ゆしのき【柞】

イスノキの別名。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

柞の関連キーワード粗樫犬榧鹿子の木五葉松すだ椎常磐満作椴松ホルトの木唐檜

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

柞の関連情報