コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柳川一蝶斎(3代) やながわ いっちょうさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柳川一蝶斎(3代) やながわ-いっちょうさい

1847-1909 幕末-明治時代の手品師。
弘化(こうか)4年11月生まれ。初代柳川一蝶斎に入門。慶応2年13代松井源水らとヨーロッパ興行に参加し,パリ万国博公演に出演。紙切れを扇であおいで蝶にみたてる芸など,日本式手品の名人といわれ,明治29年3代をついだ。明治42年2月17日死去。63歳。江戸出身。本名は青木治三郎。初名は蝶之助。前名は春風(はるかぜ)蝶柳斎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

柳川一蝶斎(3代)

没年:明治42.2.17(1909)
生年:弘化4.11(1847)
明治期の手品師。江戸神田の御用金物屋の子。本名青木治三郎。文久2(1862)年,16歳で初代一蝶斎に入門。2,3年して蝶之助の名を貰い,本人談によると慶応2(1866)年太神楽・曲芸の一座と共に欧州巡業に出て明治2(1869)年帰国したという。15年ごろ柳派へ加入して柳川蝶柳斎の名で寄席へ出演。同25年鍋島直大邸で天覧の栄に浴し,29年3代目一蝶斎を襲名した。獅子の曲,独楽の曲など日本手品をよくし,とりわけ和紙の切れを扇であおいで蝶の飛ぶさまに見せる芸は見事であったという。<参考文献>「芸人出世譚・柳川一蝶斎」(『文芸倶楽部』1906年2月号)

(山本進)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

柳川一蝶斎(3代)の関連キーワード柳川一蝶斎(2代)明治時代奇術

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android