コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柳田泉 やなぎだいずみ

4件 の用語解説(柳田泉の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

柳田泉【やなぎだいずみ】

日本近代文学研究者。青森県生れ。1918年早稲田大学文学科英文学科卒。同年春秋社の《トルストイ全集》の翻訳に加わる。翌年早稲田学校の英語教員となったが半年で辞め,以後翻訳研究に専念,1922年春秋社の編集顧問格となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柳田泉 やなぎだ-いずみ

1894-1969 大正-昭和時代の英文学者,国文学者,翻訳家。
明治27年4月27日生まれ。「トルストイ全集」「カーライル全集」などの訳業にたずさわる。関東大震災を機に明治文学の研究にとりくみ,「明治文化全集」の編集に参加。また昭和10年より30年間母校早大の教壇にたった。昭和44年6月7日死去。75歳。青森県出身。著作に「政治小説研究」「随筆明治文学」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

やなぎだいずみ【柳田泉】

1894‐1969(明治27‐昭和44)
大正・昭和期の近代文学研究者。筆名,春生,東里,甫木山茂。号,虚白堂。青森県中津軽郡豊田村外崎(現,弘前市)出身。1918年早稲田大学文学科英文学科卒業とともに大日本文明協会編集部に入る。また春秋社創立に伴い,《トルストイ全集》訳者の一人となり,内田魯庵,木村毅と知る。翌年早稲田中学校の英語教員となったが半年で辞め,以後翻訳研究に専念し,春秋社の編集顧問格となって《大自然と霊魂の対話》以下を次々に訳刊した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

柳田泉
やなぎだいずみ
(1894―1969)

国文学者、翻訳家。青森県中津軽郡の農家の生まれ。早稲田(わせだ)大学英文科卒業後、『トルストイ全集』の訳業に関係、内田魯庵(ろあん)や木村毅(き)を知る。関東大震災による文献焼失に感じ、広範な資料収集を基盤とした明治文学の研究に着手、1924年(大正13)発足の明治文化研究会にも参加。晩年の三宅雪嶺(みやけせつれい)、幸田露伴(ろはん)の知遇も得、和漢洋の膨大な知識、硬派の文学まで及ぶ目配りを支えに、手堅い実証的研究を推進。長く母校の教壇に立つかたわら、『政治小説研究』三巻(1935~39)、『随筆明治文学』正続(1936、38)のほか、『若き坪内逍遙(しょうよう)』(1960)、『明治初期の文学思想』上下(1965)など多数の研究書、カーライルなどの翻訳があり、学界からもその人ありと長く敬愛された。[中島国彦]
『明治文化研究会編『柳田泉自伝』(1972・広文庫) ▽柳田先生記念会編・刊『柳田泉先生年譜竝著作目録』(1965)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

柳田泉の関連キーワード青山秀三郎井上硬岩井孝義岩井弼次岡山巌北原地価造斎藤豊吉(1)鈴木亨市松平友子タカヤ

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone