コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柴朴湯 さいぼくとう

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

さいぼくとう【柴朴湯】

小柴胡湯(しょうさいことう)半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)とを合わせて用いた漢方薬。慣用的にこう呼ぶ。気管支炎気管支喘息(ぜんそく)咽喉頭(いんこうとう)異常感神経症などに用いる。体力は中程度、胸部に軽い圧痛、抵抗が見られ、みぞおち膨満感があり、気分がふさぎがちで、のどの異物感がある人が対象。とくに動悸(どうき)咳(せき)めまいがして、不安や抑うつ気分をやや慢性的に訴える人に有効。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android