コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柴漬(漁業) しばづけ

百科事典マイペディアの解説

柴漬(漁業)【しばづけ】

漁具の一種。〈ふしづけ〉とも。木の枝や竹ざおを束ね,これに石と浮標をつけて浅海に沈めシイラなどの魚類やエビ・イカが,これに産卵のため集まるところを捕らえる。シイラ漁用のものをシイラ漬,イカ漁用のものを烏賊柴(いかしば)という。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android