コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柴漬(漁業) しばづけ

1件 の用語解説(柴漬(漁業)の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

柴漬(漁業)【しばづけ】

漁具の一種。〈ふしづけ〉とも。木の枝や竹ざおを束ね,これに石と浮標をつけて浅海に沈めシイラなどの魚類やエビ・イカが,これに産卵のため集まるところを捕らえる。シイラ漁用のものをシイラ漬,イカ漁用のものを烏賊柴(いかしば)という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

柴漬(漁業)の関連キーワード臭木の虫七節柴漬く節旁節付け枝折垣枝折戸釣枝苗印

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone