コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

流れる ナガレル

5件 の用語解説(流れるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

なが・れる【流れる】

[動ラ下一][文]なが・る[ラ下二]

㋐液体がある方向へ道筋をなすように移動する。「川が―・れる」「潮が―・れる」
㋑水滴などが筋となって伝わり落ちる。「汗が―・れる」「涙が―・れる」
㋒液体の移動とともに動く。川の水などに運ばれて動く。「洪水で橋が―・れる」「氷山が―・れる」
川の水などが移動するように、連続してものが動く。
㋐空中を移動する。「霧が―・れる」「星が―・れる」
㋑経路を伝って移動する。「電流が―・れる」「渋滞で車が―・れない」
㋒伝わり広がる。「世間にうわさが―・れる」「怪情報が―・れる」
時間が経過する。「歳月が―・れる」
人が定まりなく移動する。「職を求めて土地から土地へ―・れる」

㋐本来の経路などから外れて動く。思いがけない方向へ行く。「他店へ客が―・れる」「砲弾が―・れる」
㋑押さえがきかないで思わず動いてしまう。「腰が―・れる」「筆が―・れる」
㋒人の態度などが、望ましくない方へ傾く。「怠惰に―・れる」「奢侈(しゃし)に―・れる」

㋐予定されていた行事などが中止になる。物事が実現しないまま終わる。「会議が―・れる」「企画が―・れる」
㋑流産する。「おなかの子が―・れる」
一定の期限が過ぎて、質物の所有権がなくなる。「質草が―・れる」
テレビの映像が乱れる。「画面が上下に―・れる」
[補説]作品名別項。→流れる

ながれる【流れる】[書名]

幸田文の小説。昭和30年(1955)発表。花柳界で生きる女性たちの姿を描く。昭和31年(1956)、成瀬巳喜男監督により映画化。出演、田中絹代山田五十鈴高峰秀子ほか。第11回毎日映画コンクール美術賞受賞。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

流れる

1956年公開の日本映画。監督:成瀬巳喜男、原作:幸田文、脚色:田中澄江井手俊郎、美術:中古智。出演:田中絹代山田五十鈴高峰秀子、中北千枝子、松山なつ子、杉村春子岡田茉莉子ほか。第11回毎日映画コンクール美術賞、女優主演賞(山田五十鈴)ほか受賞。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ながれる【流れる】

( 動下一 ) [文] ラ下二 なが・る
液体がある方向へ自然に移動する。 「下水がつまって水が-・れない」 「血管の中を血が-・れる」 「沿岸を黒潮が-・れる」
汗・涙・血などが体内から出る。 「額から血が-・れている」 「汗が滝のように-・れる」
水の流れによって物が動かされる。
物が水の流れによって運ばれる。 「川上から大きな桃が-・れてきた」
水の流れによって破壊され、動く。また、水の流れや土砂のために失われる。流失する。 「大雨で橋が-・れる」 「大水で田畑が-・れてしまう」 「鰻むなぎを取ると川に-・るな/万葉集 3854
空中を移動する。
風などによって霧・煙状のものや気体などが移動する。 「雲が東へ-・れてゆく」 「台所から魚を焼くにおいが-・れてくる」 「壁の穴から冷気が-・れてくる」
電気が電線の中などを伝わる。 「回路を電流が-・れる」
音や声が音響装置を通してその辺りに聞こえている。 「店にはいつも音楽が-・れている」 「受話器から男の声が-・れてきた」
情報・うわさが広まる。また、後世に伝わる。 「首相辞任のうわさが-・れる」 「仏法東に-・れて/三宝絵詞
ある雰囲気が充満する。 「一瞬、不穏な空気が-・れた」
長い年月が経過する。 「一〇年の歳月が-・れた」 「時は-・れ、人は去り…」
物が川の流れのように継続的に動いてゆく。 「首都高速は現在、順調に車が-・れています」 「ベルト-コンベヤーを部品が-・れてゆく」
人や物が、これまでの行き先・経路とは違った方へ移動する。 「地下鉄の開通でお客が都心のデパートへ-・れてしまった」 「メーカーの意に反して安売り店へ-・れる品物も多い」
人が本来の場所にいられなくなって別の場所に行く。 「田舎町へ-・れてきた女」 「諸国を-・れ歩く」
ある好ましくない傾向になる。 「生活が怠惰に-・れる」 「形式に-・れる」
ちゃんと落ち着いていないで動き出す。
下へ向かって自然に動く。 「はずしたスキーが谷へ-・れそうになる」
動作がきまらない。足などが安定しない。 「足が-・れてばったりと手をつく」
画像が乱れる。 「画面が-・れる」
絵の具・染料などが水で溶け出して絵や図柄がくずれる。 「字が雨で-・れてしまう」
実現する前にだめになる。
流産する。 「おなかの子が-・れる」
質に入れた品物を受け出す期限が切れて、所有権がなくなる。 「形見の時計が-・れる」
計画・予定されたものが実現しなくなる。 「会議が-・れる」 「雨で試合が-・れる」
人の手から手へ移る。 「かはらけあまたたび-・れ/源氏 行幸
流罪になる。 「天下人々-・るるとののしる事出で来て/蜻蛉 」 〔「流す」に対する自動詞〕
[句項目]

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

流れる
ながれる

日本映画。1956年(昭和31)東宝作品。成瀬巳喜男(なるせみきお)監督。原作幸田文(こうだあや)、製作藤本真澄(ふじもとさねずみ)(1910―1979)、脚色田中澄江(たなかすみえ)、井出俊郎(いでとしろう)(1910―1988)、撮影玉井正夫(たまいまさお)(1908―1997)、美術中古智(ちゅうこさとる)(1912―1994)、音楽斎藤一郎(さいとういちろう)(1909―1979)の成瀬組で、豪華な女優陣を盛り立てた。柳橋の芸者置屋「つたの家」を舞台に、派遣されて来たお春とよばれる女中梨花(田中絹代(たなかきぬよ))を狂言回しに、女将のつた奴(山田五十鈴(やまだいすず))、年増芸者の染香(杉村春子(すぎむらはるこ))、OL出身の若い芸者なな子(岡田茉莉子(おかだまりこ)、1933― )、つた奴の妹米子(中北千枝子(なかきたちえこ)、1926―2005)、つた奴の姉おとよ(賀原夏子(かはらなつこ)、1921―1991)、水野の女将お浜(栗島すみ子)が相互に絡み合い、隅田川の橋向こうの鋸山(のこぎりやま)から来た石工(宮口精二(みやぐちせいじ)、1913―1985)の恐喝騒動を佐伯(お浜の甥)の機転で丸く治める。お浜はいずれ「つたの家」を小料理屋にして、一同には出て行ってもらう算段を陰でしているのだが、つた奴と染香は三味線の稽古(けいこ)に励むのだった。栗島は、『泣虫小僧』(1938)以来、18年ぶりの映画出演。「つたの家」の内部や通りのオープンセットは、中古智の緻密(ちみつ)な設計による。[坂尻昌平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

流れるの関連情報