コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栗沢[町](読み)くりさわ

百科事典マイペディアの解説

栗沢[町]【くりさわ】

北海道空知郡の旧町。室蘭本線,国道234号線が通じる。西部は石狩川の支流幌向(ほろむい)川と夕張川にはさまれた水田地帯,東部は山地で,万字,美流渡(みると)の炭鉱があった。米,野菜,果樹を産する。石炭産業の衰退で工場誘致が行われている。2006年3月空知郡北村と岩見沢市へ編入。179.87km2。7221人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くりさわ【栗沢[町]】

北海道中央部,空知支庁空知郡の町。人口7786(1995)。町名は開拓当時山間の沢に栗の木が繁茂していたことに由来するといわれる。石狩平野夕張山地にまたがり,中間に久樽(くつたり)丘陵がある。北隣の岩見沢市との境を幌向(ほろむい)川が流れ,南西境を夕張川が流れる。1887年ころから相次いで小作農場や団体移住地が幌向川と夕張川の間の平地に開かれるようになり,明治末期には水田造成のための土功組合の事業が推進され,屈指の米作地となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android