コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桂湖村 カツラコソン

デジタル大辞泉の解説

かつら‐こそん【桂湖村】

[1868~1938]中国文学者。早稲田大学教授。新潟の生まれ。名は五十郎。漢詩をよくし、陶器の研究でも知られた。著「漢籍解題」。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桂湖村 かつら-こそん

1868-1938 明治-昭和時代前期の漢学者。
明治元年10月16日生まれ。日本新聞社に客員社友としてまねかれる。のち中国で書画,陶器を研究。帰国後,東洋大,国学院大でおしえ,ついで早大教授となった。昭和13年4月3日死去。71歳。越後(えちご)(新潟県)出身。東京専門学校(現早大)卒。本名は五十郎。別号に雷庵など。著作に「漢籍解題」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かつらこそん【桂湖村】

1868~1938) 中国文学者。名は五十郎。早大教授。新潟県生まれ。漢詩にすぐれ、陶器研究でも知られた。著「漢籍解題」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

桂湖村
かつらこそん
(1868―1938)

漢文学者。名は五十郎。新潟県の新津(にいつ)の人。郷里の福島潟にちなんで湖村と号した。国学、漢学の家に生まれ早くから和漢の学に造詣(ぞうけい)が深かった。上京して東京専門学校(早稲田(わせだ)大学の前身)専修英語科に入り、1892年(明治25)卒業して日本新聞社に客員社友として招かれた。その後、中国に渡り、書画陶器の研究を行い、その収集家、鑑賞家としても知られた。初め東洋大学、国学院大学に職を奉じ、のち早稲田大学教授となり漢詩文を講じた。漢詩壇では、森春濤(しゅんとう)らの清(しん)詩派に対抗し、国分青(こくぶせいがい)、石田東陵(とうりょう)らとともに漢魏(かんぎ)の詩を高唱して注目された。森鴎外(おうがい)から作詩の師として重んじられたほか、正岡子規(しき)、三宅雪嶺(みやけせつれい)、陸羯南(くがかつなん)、中村不折(ふせつ)ら根岸派文士と親交があり、清朝戊戌(ぼじゅつ)の政変で亡命中の康有為(こうゆうい)、梁啓超(りょうけいちょう)とも詩を唱和している。著書『漢籍解題』は広く学界に迎えられ、久しく名著の誉れがあった。著書にはほかに『歴代漢詩評釈』がある。[村山吉廣]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の桂湖村の言及

【漢詩文】より

…また1894年に夭折した中野逍遥も強烈な恋愛感情を漢詩に託した詩人として注目される。森春濤・槐南らの清詩派に対抗し,漢・魏の古体詩を主唱して現れたのは副島種臣(そえじまたねおみ)(蒼海)であり,国分青厓,桂湖村,石田東陵らはこれに和してしだいに勢力を拡大していった。詩人たちの集りである吟社には下谷吟社(大沼枕山),茉莉吟社(まつりぎんしや)(森春濤),麴坊(こうじまち)吟社(岡本黄石)などがあり,それぞれに雑誌を発行するなどして世の好みに投じた。…

※「桂湖村」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

桂湖村の関連キーワード芸文類聚漢学者

今日のキーワード

首相指名

首相(内閣総理大臣)は国会議員の中から国会の議決で指名する(憲法67条)。衆参両院が異なった人を指名した場合、両院協議会でも意見が一致しない時は、衆院の議決を国会の議決とする。首相は文民でなければなら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android