桔梗湯(読み)ききょうとう

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

ききょうとう【桔梗湯】

漢方薬の一つ。生薬(しょうやく)桔梗甘草(かんぞう)などを含む。漢方の古典『傷寒論(しょうかんろん)』などに処方が示されている。扁桃(へんとう)炎咽頭(いんとう)炎気管支炎に用い、痛みをともなうとき、とくに有効とされる。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android